月別アーカイブ: 2010年3月

打ちやすい新感覚アンチ「TTmaster master anti」

すでに「ITTF」リストから姿を消しているスイスの卓球メーカー「TT MASTER」ですが、面白いラバーを多数ラインナップしていたメーカーでもあります アンチはかつて「前原正浩」元日本代表監督や「蔡振華」元中国代表監督等が使用し、同色可の時... 続きを読む

シャープなキレと変化 「729 837」

「729」とうと使いやすい物が多く、安定感のあるものが多いなぁ、という感じのするメーカーですが、この「837」は今まで使用してきた粒高とは少し趣の違った粒高だったようです。      見ての通り「鬼釜」シリーズ共通のパッケージで... 続きを読む

なうなどらごんととぅぎゃざー 「紅双喜 dragonnow」

「紅双喜」というとスポンジが「激硬」なイメージの強い表ソフトが多いですが、この「dragonnow」は同社の他のものと比べるとやや弾力があり、使いやすくなっている感じがします。        黒をベースにしたシンプルなパ... 続きを読む

攻撃重視なテンション粒高 「銀河 海王星」

太陽系の惑星の名を冠する銀河のシリーズからテンション粒高である「海王星」です。「テンション粒高」という新しいジャンル+中国のマイナーメーカー、ということでかなり訝しがった記憶がありますが、コストパフォーマンスの高さと珍しさもあって購入してみ... 続きを読む

柔らかテンション 「バタフライ ブライスFX」

「世界初のエネルギー内蔵ラバー」として登場した「ブライス」のソフトバージョンである「FX」です。当時としては破格の「5250円」という価格設定が印象的でした。このラバーをきっかけに「ハイテンションラバー」という新ジャンルが生まれ「高騰化」が... 続きを読む