センス7.6等 到着

暫くは用具調達をする予定が無かったんですが「期間限定ポイント」が結構な分余っていた上に「数日中に使いきる必要」があった為、以前より興味のあるラケットを調達しました

センス7.6です カーボン系のラケットですね(厳密にはカーボンパウダー) STIGAとしては珍しく、板焼き系の上板を使用したラケットです メーカーの中では独特の存在感を放ってます グリップはアナトミックを選択  昔のアナトミックと比較して、現行のSTIGAアナトミックは丸みを帯びて少し細くなってます 日本市場用に調整したんでしょうかね

ラケットの手出しがほぼ無かったので、ラバーを調達 ラザンターR42&レイストームです ラザンターR42はドイツテンションの硬度としては「FX」系に多い硬度のスポンジ(42°)ですが、それなりに重量のあるラバーです レイストームはロングセラーのテンション表ソフトですね シェークバックでの想定で「アツ」は手元にありますが、これは「MAX」なので、ペンで使用予定 プラスチックボールとなってからは打ち込んでいないので、プラスチックボールでの影響を実験します

今回は予定外でしたが、ポイントを使いきる必要がありましたし、STIGAのラケットとしてはちょっと異端のセンス7.6は前から興味があったので調達です 体調面で若干の不安がありますが、倒れない様に中止ながら実験は行っていきます