用具検証
「インナーフォースレイヤー ALC」
×「アタックエイトEX-X PZC-SP」中

特殊素材「アリレートカーボン」を内側に配したインナータイプの特殊素材ラケット「インナーフォースレイヤー ALC」とテンションシート「EX-X」タイプに超軟性スポンジである「PZC-SP」を合わせた変化系表ソフト「アタックエイトEX-X PZC-SP」の組み合わせを検証・数値化

打球感 4

インナーフォースレイヤーZLFの様なフィーリングの物と比較をすると、カーボン系に特殊素材が変わっているので、打球感は少しだけ硬さをアップした組合せとなってます が、アタックエイトEX-X PZC-SPのスポンジがかなり軟らかく食い込むので、打球感が一般的な表ソフトの様な弾きや弾道に近づく様なものではないです ラバーの厚さが「中」なので極端に食い込む事はないですが、食い込みの強さは大きな特徴です これはインナー系とはいえ、アリレートカーボンというカーボン系の素材の場合でもラバーの特徴が強く出ています 硬さや弾きといった「表ソフトらしさ」を求める場合はアタックエイトEX-X PZC-SPは選択肢から外れます

弾性 4

ラケットの影響で少しだけ前に飛ばす事が出来る様になっていますが、表ソフトの特徴的な弾道やスピード性能はラバーの特性上、厳しいですね 「中」なので台上・ブロック力や質の高いクセ球に際立った安定性を見せる組合せです 攻撃性は落してしまいますが、変化幅を活かす使い方に安定感がプラスされた印象ですね 弾き辛さはスポンジの軟らかさが影響しているので、攻撃的で直線弾道といった「表ソフト特有のボール」を求める場合には適さないですね アタックエイト系の中でも硬さがあるタイプ等に変更した方が良いです アタックエイトEX-X PZC-SPは「ラージボール兼用」となる程のスポンジの軟らかさや強い食い込みが特徴で、性質的には「粒高寄りの変化系表」といった方が良い為、弾くよりは「プッシュ系」の方が飛ばしやすい印象です インナーフォースレイヤーALCの組合せではもう少し弾きが欲しい所でしたが、変化性能を落さずに弾性を僅かですがアップさせる事に成功していますね

球持ち 4

インナーフォースレイヤーZLFの強い掴みと非常にソフトなスポンジを持つアタックエイトPZC-SPでは安定はさせやすいものの「反発する力」というものはそれ程無かったので、守備的な技術面ではラバーの性能を発揮させやすいですが、攻撃面では弾き辛く、厳しい部分が強い組合せでした インナーフォースレイヤーALCと組み合わせた場合では激的な変化ではないですが、少しだけ球離れが良くなっています だですが弾性や飛び方等は表ソフトというよりは粒高の様な飛び方をするので「特殊素材×変化系表ソフト」という組合せとしてはかなりソフトなものになってますね

総評 7.5

アタックエイトEX-X PZC-SPの特性を発揮させつつも少しだけ弾性や打球感に硬さや弾きをプラスできている組合せとなっています 僅かですが表ソフトらしい弾道や球離れに近づいています 特殊素材系×変化系表ソフトとしてはかなり打球感がソフトで食い込みの強さが特徴的ですね インナーフォースレイヤーZLFほど極端ではないですが、ラバーの特性がかなり強く出ています 打球感に関してはラバーの影響がかなり大きい為、表ソフトらしさと変化幅を両立する場合はアタックエイトは他のバージョンの物を使用した方が良いです ですが回転のかけやすさは圧倒的にこのアタックエイトEX-X PZC-SPなので、難しいところといえます 「中」というスポンジの厚さである事もあって、より守備的な部分での安定性や変化幅を活かす組合せですかね 粒高に近い使い方が適しています 硬さや弾きを優先する場合はアウター系の同系統のラケットを使用した方が良いですね 安定性とラバーの特性のバランスを重視した組合せとなってます

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には硬く球離れの良い方が打球感としては良いですが、アタックエイト系としては圧倒的な使いやすさがアタックエイトEX-X PZC-SPにはあるので、ラバーの性能を優先する組合せとしては良い組合せですね インナーフォースレイヤーZLF程の掴み方をせずに僅かに弾くので、ここが良いですね アウター系の場合は特殊素材の打球感が強く出るケースがあり、そうなった場合にアタックエイトEX-X PZC-SPの良さが減退する可能性があるので、安定性を損ねずにカーボンの良さを少しだけプラスした打球感となってます 「中」という厚さで攻撃性を出すのは難しいですが、アタックエイトの個性を活かしやすい組合せではありましたね