用具検証
「インナーフォースレイヤー ALC」
×「GENESIS M」

特殊素材「アリレートカーボン」を内側に配したインナータイプの特殊素材ラケット「インナーフォースレイヤー ALC」と中国製の微粘着シートに日本製のテンションスポンジを組み合わせた微粘着テンションラバーで、ややハードなスポンジタイプの「GENESIS M」の組み合わせを検証・数値化

打球感 5

インナーフォースレイヤー・ZLFと比較してカーボンによる弾きが出ている為、やや硬質な打球感を獲得しています 球離れも良くなり前に飛ばしやすくなっていますね インナーフォースレイヤー・ZLFが回転をかける事に特化しているラケットですが、インナーフォースレイヤー・ALCはトータルバランスの良いラケットです GENESIS Mがそれ程硬くないラバーなので、インナーフォースレイヤー・ZLFとの組合せではかなり軟らかい打球感で掴みの強さが特徴の組み合わせとなった為、ハードヒットが難しい組合せでしたが、インナーフォースレイヤー・ALCとの組合せでは硬さと掴みのバランスが良くなっています

弾性 5~5.5

フィーリング重視からバランス重視となった事で、スピード性能も若干ですがアップしています 弾道や飛距離に大きな違いが出ていますね カーボンによる弾きがプラスされた事がスピードアップに繋がっています 前に出る力が強くなっているので、より「特殊素材らしさ」がインナー系ラケットとしては出てきている組合せです GENESIS M自体が際立った弾性を有するテンションラバーではないですが、弾性は良好なスペックなので、使いやすさと弾性のバランスは良く取れている組み合わせとなっています 回転のかけやすさを損ねずにスピードアップに成功しています インナーフォースレイヤー・ZLFでは掴みの強さが際立っている為、ハードヒット系がネックとなる場合もありましたが、インナーフォースレイヤー・ALCの場合では弾きのバランスが良くなっています これによりハードヒット系の部分でかなり改善されている組合せです

球持ち 5

打球時にGENESIS Mがグイッと掴むものの、ラケットの弾き出しがあるので掴みすぎる事はないですね インナーフォースレイヤー・ZLFの特徴的な強い掴みと比較をすると、掴んだ後の飛び出し方はこちらの方があります インナーフォースレイヤー・ALCのカーボンの特性が出ていますが「インナー仕様」の関係で硬すぎずに響きが抑えられている点が使いやすさを損ねていないですね アウター系のアリレートカーボン仕様のラケットではラケットによってはアリレートカーボンの特性が強く出るラケットもあるので、インなフォースレイヤー・ALCでアリレートカーボンの特性を上手くまとめている印象ですね 組合せのバランスとしては前に飛ばしやすくなり、打球感が課過ぎずに前に飛ばせるようになっています

総評 8~8.5

回転をかける事に対して抜群の安定性とソフトなフィーリングを重視しているインナーフォースレイヤー・ZLFに対して、インナーフォースレイヤー・ALCではインナーフォースレイヤー・ZLFのフィーリングを少しだけハードにし、球離れが良くなった打球感となっています  これにより打球感と前に飛ぶ力のバランスが更に取れるようになり、弾く打球の技術がやりやすくなっています 硬さと弾きの良さがプラスされているのは大きく、ハードヒット系の技術でよりバランスが良くなった組合せです 威力面でやや物足りなさはあるものの、高い回転性能と回転のかけやすさは非常に良いですね インナーフォースレイヤー・ZLFと組み合わせた場合にあった「もう少し」の部分が大きく改善された組合せとなってますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

ドライブだけであればインナーフォースレイヤー・ZLFはフィーリングは抜群ですし掴みが良いので回転がかけやすいですが、かなり掴みが強くソフトな打球感なので、ハードヒット形の部分でやり辛さがありました そのやり辛さがアリレートカーボンによってかなり改善されていますね ドライブとハードヒットのバランスが非常に良くなっています インナー仕様なのでアウター系のアリレートカーボンラケットと比べると打球感が硬くなりすぎずに回転のかけやすさを残しているのも良いですね 非常にバランスの良い組み合わせとなっています