用具検証
「CELERO WOOD」×「radical」 2.0mm

薄めの板厚ながら、弾性と弾きの良さが特徴のスウェーデン製5枚合板「CELERO WOOD」とSTIGA社独自の技術「ACS(air capsule  system)」をスポンジに採用した表ソフトラバー「radical」の組み合わせを検証・数値化

打球感 4~4.5

CELERO WOODは板厚が「5.5mm」と薄めの5枚合板でありながら弾きの良さが特徴で、radicalの様なソフトなスポンジを採用した表ソフトのバランスが比較的とりやすいラケットです 組合せとしては軟らかめの打球感ですがラケットの弾きがあるので、球離れが遅くなり過ぎる事が無く、軽く食い込んで弾き出す打球感となってます フィーリングはソフトですが、軟らかい表ソフトの食い込みを損ねずに弾きだし、直線的な弾道を維持できる組合せです ハードヒットでは流石に潰れてしまいハードヒットには適さないですが、軽・中打やブロック・ドライブ等のコントロールがしやすい組合せとなってますね

弾性 4~4.5

CELERO WOODが薄めの5枚合板としては弾性が良好なラケットではあるので、弾性が際立った物ではなく軟らかめで「弾く」という事に関してはネックな部分があるradicalですが、弾性に関してはまずまず確保できています ラバーの厚さが「2.0mm」とアツに相当する厚さと5.5mmという板厚の薄いラケットとの組合せとしてはかなり良い印象です スピード性能は際立った性能ではないですが、表ソフトの直線的な弾道は出しやすくなっているので、軟らかさの割には弾き易さの面でまずまず良い組合せですね

球持ち 4.5

radicalのスポンジの軟らかさによる所が大きいですが、球持ちは良いながらも弾き易さをある程度キープできており、バランスが良好な組合せとなっています ラバーの特性である回転のかけやすさが発揮しやすい組合せです 弾いた時の球持ちがテンション系の様なラバーと比較をすると飛び出しが控えめなので、ここはもう少し球離れのが欲しい所ではあります ですが、球持ちが長すぎる という程ではないです どちらかというと守備面にややウェイトを多くした組合せですね

総評 7~7.5

軟らかい打球感はradicalによる所が大きいですが、打球感は軟らかめながらも弾き辛さは改善されています これはCERERO WOODの特性である「弾き」という点がバランス面で良くなった印象を受けます 板厚は5.5mmとしなりを重視し「回転のかけやすさ」を重視したラケットが多い中では、この弾きの良さは特徴的です この特性がソフトなラバーですが、直線的な球筋を出しやすくしています スピードや飛距離に関しては控えめな弾性の表ソフトに弾きの良さがあるとはいえ5枚合板ですね 板厚を考慮すると弾性は良い方です 回転性能がradicalは高く、ナックルもまずまず出せるので、ラバーの特性を損ねずに弾きをプラスしている組合せといえますね 攻撃的な面を抑え、守備的な面での安定性や回転性能を活かした使い方に威力を発揮します もう少し球離れがあると尚良いですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には打って行った際は軟らかすぎますし、球離れも遅いのでフォア側で使用するには厳しいですが、バック面での安定性やドライブの使いやすさは良かったですね より「表ソフトらしさ」を追求していくともう少し球離れが早く、直線的な弾道になる様な組み合わせの方が良いです 回転のかけやすさを損ねずに打球感の硬さや球離れをどうするか ですね radicalがかなり軟らかいのでラケットはもう少し硬めの方が良いですね CELERO WOODと合わせる場合は軟らかい打球感を出来るだけキープしつつも、弾きを残したい という打球感です 守備面を重視した組合せでしたね