用具検証 「スピンピップスレッド」×
「BLACK ROSE 中国式」

回転系表ソフト「スピンピップス」をベースにソフトなテンションスポンジを採用したバージョン「スピンピッスレッド」と上板に「サントスローズウッド」を採用した板厚が薄めの7枚合板「BLACK ROSE」の組合せを検証・数値化

打球感 5.5~6

上板に硬質な物を採用しているBLACK ROSEとスポンジは若干ソフトですが軟らかすぎないスピンピップスレッドとの打球感のバランスは少し硬めですが、強い打球時にはラバーに食い込むので、硬さとしてはそれ程気にならない打球感となっています 打球時に少し食い込んでから飛び出していくので、表ソフトと合わせる場合はこのあたりに好みが分かれる所です とはいえ硬さとラバーの食い込みのバランスはなかなか良い組合せとなっています ハードヒット時にやや食い込みが強い点が少し気になる所ですが、ドライブ・スマッシュ共に威力と安定性の両立が達成されている組合せです

弾性 5~5.5

日本製テンションラバーとしてはやや弾性が控えめなラバーなので、際立った弾性を確保できる組合せではないですが、スピード性能はまずまずあるので、前陣での操作性等を損ねずに弾性をアップさせる事ができます 7枚合板でありながら「5.8mm」と薄いタイプのラケットではあるので、ラケット単体での弾きが極端に強い というラケットではないです ですがラケットの弾性は良いので、軟らかめでテンションとしては控えめのラバーであっても、まずまずの弾性は確保できます 弾道は表ソフト特有の直線的な弾道が出しやすいですが、弾きと後述する球離れにもう少し強さがあると尚良いですね ショートやバックハンドとのバランスを考慮し、それ程下がらないのであれば十分な弾性は確保できています トータルバランスが良い合わせではありますが、ややスピード不足な印象は受けます

 

球持ち 5

強い打球時にラバーにグッと食い込み、弾き出しますが食い込んだ後の反発力がテンション系としては控えめなので、後少し反発力が欲しいですね 表ソフトのにも止められる球離れはやや遅い印象を受けます 球離れはもう少し欲しい所です ラケットが硬質な打球感をしていますが、球離れは早いタイプではないので、ここは注意が必要です 板の薄さがここで出ている印象ですね 6.3~7mm前後の7枚合板と比較をすると、BLACK ROSEの球持ちの良さがありますね 台上やサーブ等で安定性は高まりますが、弾いた際に少しボールを持つ組合せとなってますね

総評 9

スピード性能や球離れでやや物足りなさはあるものの、スピンピップスの良さを活かしつつ弾性は引き上げられているのはかなり大きいですね BLACK ROSEとの相性は非常に良い印象です ドイツテンション系の表ソフトは基本的にかなり軟らかい物が多く、その後の飛び出しが強いラバーが多い為、程々に弾み、強打した時に潰れすぎない硬さが良いですね 硬さを求める場合はスピンピップスブルーを選択すると良いです ラケットにもう少し球離れが欲しい所ではありますが、バランスとしては良い組み合わせです ハードヒット時に食い込んだ後の飛び出し以外はサーブ・ドライブ・台上・ショート等、小技の面で安定性と威力が両立できる印象です 打ち抜くスピードボールや一発の威力は控えめですが、攻守のバランスや前陣での安定性が魅力の組合せですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはボールを意外と持つな という印象でしたが、硬めのスウェーデン製ラケット独特のゴツッとした打球感が良かったですね ラバーの食い込みはもう少し少なく、球離れがあれば理想的な組合せに近いです スピンピップスとしてはかなり弾性がアップしているので、特殊素材系との組合せも容易になっています ですが今回の組合せである、BLACK ROSE × スピンピップスレッドは前陣で使うには十分な弾性は確保できてますね 本当に「もう少し硬さ・球離れ」があると良かったんですけどねえ・・・ 僅かな部分ですね