用具検証
「インナーフォースレイヤー ZLF」
×「GENESIS M」

特殊素材を内側に配したラケット「インナーフォースレイヤー」シリーズで「ZLF」を採用し、非常にソフトな打球感と回転のかけやすさが特徴である「インナーフォースレイヤーZLF」と、中国製の微粘着シートに日本製のテンションスポンジを組み合わせた微粘着テンションラバーで、ややハードなスポンジタイプの「GENESIS M」の組み合わせを検証・数値化

 

打球感 4~4.5

インナーフォースレイヤーシリーズの中では群を抜いてフィーリングがソフトなラケットに打球感が硬すぎないラバーとの組合せは打球感がソフトでラケットの特徴である「掴み」が非常に良く出ている印象です 特殊素材系に多い「球離れ・硬質な打球感」というのは皆無で、打球時の掴みや響きの無さは特殊素材系ラケットとしては際立って特徴的な打球感となっています GENESIS Mのスポンジがややハードではありますが、硬すぎずに食い込ませやすいので、回転のかけやすい組合せですね 弾道は非常に弧線が大きく、スピード性能は程々に安定性を重視した組合せとなっています

弾性 5

中陣まで下がるには少し厳しい飛距離ですが、弾性に関してはまずまず良好な印象です スピード性能は「インナー特殊素材×テンション系スポンジ」の組合せとしてはかなり控えめですね 打ち抜くには厳しいスペックですが、ラバーの特徴である「回転性能」にラケットの特徴である「掴み」等が回転のかけやすさに繋がっている為、回転とスピードのバランスが非常に良い組合せですね もう少し弾きや前に飛び出す力を求める場合はALCを フィーリングを変えずに弾性・飛距離アップ等を追及する場合はZLC等へと変更した方が良いです この「ZLF」はスピード性能に関しては控えめなスペックですが、木材ラケットから移行するには違和感が少なく、僅かに弾性や飛距離を上げる事が出来るので、薄めのラケットで弾みが物足りない という場合に選択肢に入ります 回転のかけやすさと回転性能が良好のラバーとの組合せなので「回転のかけやすさ・回転量」という面では良い組合せですね

球持ち 4~4.5

これはラケットの最大の特徴である「掴み」が発揮されていますね ラバーが硬すぎず、打球時にグイッとボールを掴まえてくれるので、かなり回転がかけやすくなっています より「掴み」が体感しやすい組合せです 回転のかけやすさが際立った組合せです インナー系の特殊素材系のラケットとややハードなスポンジのテンション系の組合せとしてはかなり球持ちが良いですね

総評 7.5

インナー特殊素材系×微粘着系テンション裏ソフトの組合せとしては際立って打球感がソフトで回転のかけやすい組合せとなっています ラバーの性能とラケットの特性が発揮させやすい印象です かなり上に上がり弧線を描くので、回転性能と安定性が特徴的ですね スピードボールで打ち抜くには厳しい弾性です バランス面では弧線が強すぎる印象ですかね フィーリングは抜群ですが、特殊素材系としてはかなりソフトで掴みが強く、回転をかける事に特化したラケットとなっているので、ラバーはもう少し硬い方が打球感や弾道の面でバランスがとりやすくなります GENESIS Mがややハードとはいえ、硬質なラバーと比較をするとソフトなスポンジなので、少し掴みすぎる印象ですかね ドライブの安定性は非常に素晴らしい物がありますが、インナー特殊素材系×テンション系裏ソフトとしてのスピード性能は物足りない印象でした とはいえ、薄めの木材ラケットから移行するには非常に良い選択肢となりますね GENESIS Mとの組合せでは軟らかさ・弧線に寄り過ぎる印象でしたね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはあまり下がらないのであれば安定しますし、回転がかけやすいので好みな方ですね 打球感も良いので  ただ打ち抜くには流石に厳しいですね ドライブを打ち続けるスタイル向けの組合せです もう少し直線的な弾道とスピード性能が欲しいですね 本文でも書いてますが、薄めの木材ラケットから移行するには非常に良いラケットです GENESIS Mが微粘着系のテンションラバーとしてはかなり軟らかく食い込みの良いスポンジなので、インナーフォースレイヤーZLFでは打球感がソフトになりすぎる・掴みすぎる印象でした バランス重視であれば、インナーフォースALC 打球感を変えずにスピードアップ・飛距離アップを図るならインナーフォースZLCに合わせた方がGENESIS Mは良いですね 回転のかけやすいラバーではあるので、もう少し硬さや弾きのあるラケットと合わせた方が個人的には良かったですね