用具検証
「Allround wood NCT」 × 「ラクザX」

「STIGA」のロングセラーラケットである「Allround classic」」をベースに弾性や打球感を調整し、よりバランスを重視して仕上げた5枚合板「Allround wood NCT」とシート・スポンジ共に硬く、ハードヒッター仕様のハイブリッドエナジーラバー「ラクザX」の組み合わせを検証・数値化

打球感 5~5.5

Allround wood NCTはベースのラケットとなる、Allround classicと比較して板厚が厚く取れられている事やAllround classic「5.4mm」に対してAllround wood NCTは「6.0mm」となっている)や接着加工技術「NCT」等を採用している影響で僅かながらも打球感や弾性に変化が出ています 後述しますが、特に弾性の面では程よくアップしている印象です このラケットにハードな打球感をしているラクザXを合わせた場合、打球感のバランスは良くなり、硬いラバーであっても回転はかけやすくなりますが、ラケットがソフトで弾くタイプでは無い事やラクザXがドライブを打った際に飛距離が出しづらい印象ですね ボールを掴んだ後にグリップして上に上がるので、前に飛ばしづらさがあります フルスイングして回転をかけ、飛ばす必要のある組合せですね

弾性 5.5

ラケットの弾性が控えめである事やラバーのスペックが回転重視のタイプである事から、弾性は良好ではあるものの、下がるにはもう少し飛距離があると良い印象ですかね 前~中陣程度であれば十分な弾性や飛距離ですが、ラバーが硬くフルスイングできないと弾いてしまい、回転をかける前に弾きだしてしまいます ラバーの硬さに負けないスイングが要求されるので、早い打点で打球し、十分な回転をかけるには難度の高いラバーです 更に「前に飛ばす」事がこの組合せでは同時に要求されるので、打球感のバランスとしては良いのですが、前に飛ばす弾きが欲しい所ですね ただ、ラバーの硬さと弾きがあるので、ここはバランスが難しいです 前に飛ばす為に弾きや硬さを求めると、ラバーの硬さで回転がかけづらくなる 逆に打球感のバランスを取ると、この組合せの様に前に飛ばしづらくなります

球持ち 5.5

ラクザXが硬く、十分に振れないと弾き出してしまうラバーではありますが、Allround wood NCTがソフトで弾きの少ないタイプのラケットなので、ラクザXの硬さを緩和できている組合せです その為しっかりとラバーにボールを掴ませる事が可能になっています 強い打球時にラバーに食い込ませた後、飛び出しが極端になり過ぎないので、扱いやすくはなってます 球離れの早いラケットではないので、弧線の強い弾道を作れるラクザXとの組合せではラクザXの特性を更に強く出せる印象ですね シート・スポンジ共に硬いラバーなので、硬さを抑えながらラバーの特性を出す組合せとなってます

総評 5

ラバーの硬さを緩和し、回転をかけた際にボールを掴ませやすくなっています ラクザXは「振れるかどうか」が特に重要なラバーなので、軽量であるAllround wood NCTは総重量を抑える事が出来るラケットです ラケットの特性としてはベースのAllround classic が軟らかい打球感や抑え目の弾性ですが、Allround wood NCTはベースの打球感を損ねずに弾性アップを達成している為、硬いラバーと合わせやすくなっています が、ベースのラケットが弾性の強いタイプではなく、Allround wood NCTも同様に際立った弾性を有するラケットではないので、飛距離を出す際にやや物足りなさがある印象です 前~中陣であれば飛距離は十分ですが、ラクザXの硬さに負けないパワーが要求されます スピードで押していく組合せではないので、回転量のあるドライブを連打していくスタイル向けの組合せです

アリ? ナシ ? 実験者感想

打球感や自分の位置では十分な弾性・飛距離ですが、やはりフルスイング出来るかどうか でしょうね ラクザXは繋ぎの場合でもある程度振らないと弾き出してしまう為、合わせる打球が難しいです ただこの硬さのラバーをかなりフィーリング良く出来るのは良いですね もう少し前に飛んでくれると良かったです