用具検証
「INNERFORCE ZLC」×「JOOLA ALLEGRO」

全国ラージ優勝等、ラージボールの大きな大会で高い実績を有する、ラージボール用ラバー「JOOLA ALLEGRO(アレグロ)」と高い弾性とソフトなフィーリングを持つ、インナー仕様の特殊素材ラケット「INNERFORCE ZLC」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4~4.5 ※ラージボール換算

ALLEGROの硬度は25°とラージボールのラバーとしては平均的なスポンジ硬度です ここにインナーラケットである「INNERFORCE ZLC」と合わせると、軟らかめの打球感となります 軟らかめですが、強い打球の際に特殊素材らしい弾きがある為、「掴み」が特徴的なラケットですが、掴みすぎずに飛ばせる組合せとなっています が、ラバーが硬すぎず食い込みやすいので、ハードヒットよりはドライブ向けの組合せですね

弾性 6~6.5 ※ラージボール換算

ラケットやラバー自体にずば抜けたスピード性能 というタイプではないですが、安定して高い弾性を誇る組合せという印象ですね ボールを掴んで飛んでいきますが、飛び出しは早くないです 回転をかける時にラバーの引っ掛かりと掴みが非常に良く、上に上がるタイプのラバーですが、ラケットの弾性と弾きが極端に上に上がる事を抑えている印象です 飛距離に関してはラージボール用としては非常に出る方で、硬式の「日本製テンション × インナー系特殊素材」の王道的な組合せといった立ち位置の組合せですね スピード・回転・飛距離 ドライブを主としたプレースタイル向けの組合せです ハードヒット系に関してはラバーの掴みがやや強めで弾くタイプではなく、ブロック等で飛距離が出しづらいので、しっかりと振って打っていく方が適している印象です ラケットのスペックも「掴み+弾性」なので「飛ぶ」というよりは「飛ばす」タイプですね

球持ち 4.5 ※ラージボール換算

ラバーの硬度とインナー仕様で打球感がソフトな特殊素材を採用しているラケットなので、球持ちは良いですね 打球時にラバーが軽く掴み、ボールを飛ばしてくれます 強い打球時になるとかなり掴みが体感しやすいですが、グッと掴んだ後にラケットが弾き飛ばしてくれる為、ラージボール特有の飛ばしづらさは少ない印象です ただし、ハードヒット時に掴み過ぎてしまう印象ですね 厚く当てた際にやや飛距離が出しづらい印象です 軽く回転をかけて飛ばす方がこの組合せには適していますね

総評 8

スピードや回転性能はラケット・ラバー共にベースの性能が優秀なので、ネックとなるのは相性ですが、硬式からの移行は非常に容易な組合せで、裏ソフトでドライブ主戦のプレースタイルには違和感なく移行できる組合せですね ドライブ時のラバーの引っ掛かりやラケットの弾きのバランスが非常に良い為、ラージボールで悩まされる「飛び」に関する問題は非常に少なくなります ボールを掴みすぎるとそれ程ラケットが弾くタイプではないので、ブロック等での距離感の修正は必要となってきますが、移行の際の違和感は非常に少ない組合せと言えます ラバーやラケットが少々高額なのがネックですが、ラケットは硬式と共用しやすい事や先に書いた「違和感」の軽減等が非常にグッドな点ですかね ドライブ主体のプレースタイルには非常に良い組合せですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

裏ソフトを硬式で使っているのであればお勧めですね この組合せ ドライブを打った際の引っかかり方や飛び方の違和感は殆ど無いです 自分のプレースタイルが硬式では表なので、強い打球時に掴みすぎてしまう点が気にはなりましたが、裏ソフトでドライブを打っていくには非常に良い組合せでした もう少し硬くても個人的には良かったですね