用具検証 「ROSE WOOD NCT V」 × 「BLOWFISH」 

ハードウッドシリーズとして知られる「紫檀」を上板に使用した5枚合板「ROSE WOOD NCT V」と超攻撃型ドイツテンション表ソフト「BLOWFISH」の組み合わせを検証・数値化

 

 

打球感 4.5

ラバーが非常にソフトで食い込みが強いので、ハードウッドラケットを使用した場合でも打球感は軟らかいですね 食い込みが強すぎるといっても良い位のラバーなのですが、ラケットがラケットが弾き出してくれる分、やや硬さが残る打球感となっています

弾性 8.5

弾むとはいえ「5枚合板」との組み合わせではありえない飛び方をします スピードだけなら木材5枚合板ラケット最高レベルの弾み方でしょうね この数値としているのは「特殊素材系」との組み合わせをした際に更に弾む事が容易に予想できる為、この数値としています 爆発的なスピード性能ですが、コントロール性は皆無となってしまうので、使い方の難しい組み合わせとなってますね

球持ち 4

ラバーの食い込みが強いのは前述していますが、顕著に現れるのはハードヒット系の時ですね たたくプレーの際にはこの食い込みの強さが災いして、ボールが飛び出すまでに若干のタイムラグが発生します 距離感がまったく異なります スポンジが潰れてから弾丸の様に飛び出していくまでの間が長いです ROSEWOODの硬さが良くわかる程の食い込み方をしますね 「弾く」という事に不向きなため「押し気味」に打球する方がコントロールが若干改善されます それでも弾みすぎなので、球持ちがある割にはコントロールに泣かされる印象でしたね

総評 4.5

ノングルー以降では「弾性不足」が木材ラケットでは多く問題点として挙げられましたが、これは逆に「飛びすぎる」という欠点が最大のネックですね スピード性能はものすごいものがありますが、コントロールできないような暴発となると話は変わってきます 当てるだけでも飛んでいくようなラバーなので、微調整が出来ないですね サーブや台上では距離が出すぎてしまいます そして表ソフトの決定打である「スマッシュ」これが非常にやりづらいというのは・・・・・ 軟らかさと弾みの良さを活かすにはピッチで軽快に打って行く位ですかね このラバーを中心で考えるのであれば、ROSEWOODの様な弾む木材合板よりも控えめな弾みの方が無難です ボールが暴れるという形容が良く合う印象でしたね

アリ? ナシ? 実験者感想

これはちょっと飛びすぎて使いづらいので「ナシ」ですねえ 加えてかなり軟らかいので、打球感的にも苦手です 同じく良く飛ぶテンション表ソフトの「ティラノ」と比較をしてもこちらの方が更に飛ぶ印象です 当てるだけでもものすごいスピードと弾道になるので、ここに魅力はあるんですけどねえ 使う事自体にかなりのリスクが付きまといます 攻守の「守」の部分を他の用具で補わないと、これ一枚ですべてのプレーをまかなうのは難しいですね