用具検証
「ルーティスレボ」×「モリストSP」 厚

特殊素材を「Gカーボン」から「FEカーボン」へと変更し、カーボンの弾みを備えながらも硬すぎない打球感が特徴の「ルーティスレボ」と多くのトップ選手使用実績を持つ、ドイツテンション表のロングセラー「モリストSP」の組合せを検証・数値化

 

 

打球感 4~4.5

カーボン系ラケット×ドイツテンション系表ソフトの組み合わせとしてはかなりソフトフィーリングな打球感が特徴の組合せとなっています 球離れは早くなく、打球時に掴みが強めの為、弾きよりもドライブやブロック・台上等の小技面を安定させる事を重視した組合せと言えます モリストSP自体が食い込みが良い事加えて、カーボン系としては響きが皆無でボールを掴むタイプのラケットであるルーティスレボの影響はかなり大きいですね 表ソフトに求められる弾道や球離れは抑えた組合せなので、ここは好みの分かれる所ですね

弾性 4.5~5

ラケットの弾性は良好なので、ラバーの厚さを薄くした場合でもまずまずの弾性は確保できる組合せとなっています ドイツテンション表ソフトとしてはロングセラーの域に入っているモリストSPですが、ドイツテンション系表ソフトとしては弾性がマイルドで使いやすいタイプです トータルバランスの良さがある為、攻守の安定性を重視する組合せとしては失敗の少ないラバーです 攻撃性を重視する場合には「厚」ではスピード面で物足りない部分があり、下がるには厳しい厚さではありますが、特殊素材系ラケット×ドイツテンション表ソフトという組み合わせとしては圧倒的な使い易さが魅力です カーボン系特殊素材系ラケットとしては掴みの強さがかなりあるので「弾く」打球がネックとなる事もありますが、ドライブやブロックでの安定性は特殊素材系ではなかなか無いですね

球持ち 4~4.5

カーボン系特殊素材ラケット×ドイツテンション系表ソフトとしては球持ちが非常に良い組合せとなる為、早いピッチでコンパクトに打球するスタイル向けではない印象ですね 打球時にボールを持つので遅れて飛び出してくる組合せです カーボンラケット特有の硬さや弾きは無いので、扱いやすい組合せとなってます ドライブを多用する、ブロックや台上での安定性を求めていく組合せです この手の組合せとしてはかなり掴むので、直線的でシャープな弾道を期待すると、違和感の大きい組合せとなりますね

総評 6

カーボン系特殊素材ラケットであるルーティスレボの打球感や球持ちの良さが前面に出ており、ドイツテンション表ソフトと組み合わせとしては非常に軟らかさのある打球感や飛び方が特徴の組合せとなっています モリストSPがドイツテンション系としては弾みが抑え目であるとはいえ、ここまで軟らかく掴みの良さが出てくるのはカーボン系ラケットでは皆無ですね 同じ「FEカーボン」を採用されているアコースティックカーボンと比較するとかなり弾きや硬さは異なってくるので、より攻撃的なボールを追求していく場合はアコースティックカーボンの方が球離れやスピード、硬さや弾き易さという部分では優れています 対してルーティスレボの場合は先に書いた様にカーボン系としては抜群の「掴みの良さ」が最大の特徴なので、ブロックや台上での操作性に優れています ハードヒット系の場合に掴みの強さが影響してくる為、ここは大きく好みの分かれる所ですが、カーボン系ラケットを使用しながらこの安定性の高さは貴重でありますね 表ソフト×カーボン系ラケットの組合せとしては抜群の使い易さと安定性が特徴の組合せです

アリ? ナシ ? 実験者感想

これは個人的には苦手でしたね 軟らかさと掴みが強すぎるので、ハードヒット時に硬さや球離れが物足りない印象でした 良い面としてはブロックの安定性ですね これは非常によかったです やや掴みの強さが目立ってはいるものの、ボールが良く止まります 厚という厚さもあって、前で使う分には良いですね 下がると厳しいです 他に台上やドライブがやりやすいので、フォア側に威力のあるラバーを貼り、モリストSP(厚)はバック面で攻守のバランスと表ソフトの球質を活かす様な使い方が良いですね