用具検証 「SKカーボン-CS」 × 「PREST SPEED」

板厚が「5.2mm」と非常に薄く設計され、使いやすいタイプのカーボンラケット中国式「SKカーボン-CS」とシリーズとしてはラバーの差異が少ないが、より直線的な弾道が特徴の微粘着テンションラバー「PRESTO SPEED」の組み合わせを検証・数値化

打球感 4.5~5

PREST SPEEDのスポンジはPREST SPIN同様に「42度」となっています フレンドシップ(729)のラバーは中国系のラバーとしては弾力がありソフトなものが多く、この42度というスポンジは食い込みの良い硬度となっている為、SKカーボンの様なカーボンの特徴が強いラケットとも組み合わせやすいラバーとなっています 食い込んだ後の飛び出しがPREST SPINと比較してやや直線的で弾道に特徴がありますが、PREST SPINと大幅な違いは無く、PREST SPINでも良い為、直線的な弾道を少しでも追求するには という組合せです この食い込みの良さと弾道、そして後述するスピード性能が非常に良い組合せですね

弾性 5.5

PREST SPINと比較してスピード性能が僅かに引き上げられてはいますが、激的な違いは無く、差異の少ない物となっています 弾道を活かす組合せとなるので、このSKカーボンの様なカーボンの特徴が強く、弾きの良いラケットと合わせると、弾道や弾性といった特徴を更にのばす組合せとなります PREST SPIN PREST SPEED問わずスポンジに食い込ませやすいので、強い打球時に食い込んだ後に直線的でシャープな弾道のドライブが打てる組合せです ループ系等も含めたトータルバランスを優先する場合はPREST SPINの方がよりベターです PREST SPEEDを選択するケースとしては先に書いていますが「弾道が最優先」となります 低く直線的な球筋は取りづらさがあるので、ここを重要視するかどうか といった所ですね 中陣程度であればスピードが落ちずに飛距離も確保できるので、中国ラバーとしては飛ばし易い・スピードが出しやすい というのは大きいですね

球持ち 6

ラバーの球離れが早く、ラケットもカーボン系の特徴が強いので、グッと食い込んだ後の離れが早い印象を受けます つかみを優先する場合はインナー系や硬質な木材系ラケットの方が回転のかけやすさと安定性をより高める事が出来ますね ですがSKカーボンは板厚が厚いタイプのカーボン系の様な極端な球離れや硬質さは抑えてある為、軟らかめの球離れが早い、PREST系の様なラバーとは組み合わせやすくなっています

総評 7

ラバーの特徴を更に伸ばす組合せとなっています PREST SPINとの違いを出すには硬質で球離れの良いラケットとの組合せで弾道をより直線的にすると良いですね ラバー自体が軟らかい上に極端に重量のあるラバーではないので、特殊素材系との組合せを選択しやすい というのもグッドです SKカーボンはカーボンの特徴が強いですが軽量なので、総重量を抑える事が出来るのも良いですね 中国ラバー×特殊素材系ラケットとの組合せとしてはかなり軽量化を図る事ができます 粘着ラバーながらスピード性能が良いので、力で飛ばす という事にならないのは良いですね ネックとなるのはラバーの差異がやはり少ない事ですね  「SPEED」「SPIN」と分けられていますが、分ける程のスペックの差は少なく「違い」を出すのに苦労する というのが最大のネックです PREST SPINがかなり弧線が出る 等であれば違いははっきりと出るのですが、PREST SPIN自体がややスピードタイプ寄りのラバーであるので、PREST SPEEDの存在は薄くなってますね 違いが少なく、PREST SPINで対応可能 となると・・・ という点が残念な部分です とはいえ使い易さと弾道が特徴的で非常に良い組み合わせですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

PREST SPIN との違いが少ないので「あえて」という部分が見出せないのが厳しいところです ラバーのスペック自体は優秀なのですが、PREST SPINでカバーできる範疇なので、違いが少ない上に似ているのであれば、若干安定性等の部分でバランスが取りやすい、PREST SPINを選択する方が良くなってしまいますね PREST SPEEDを「あえて」組み合わせる場合は弾道です 直線的で特徴のある弾道を追求する場合には選択肢に入ってきます 良いラバーではあるんですが、分ける必要性がある程のスペックではないかなあ という印象でしたね