用具検証 「リベルタウィロー」
×「Calibra Tour H」厚

高強力ポリエチレンである「イザナス」を内側に配した特殊素材カット用ラケット「リベルタウィロー」と特徴的なトップシートと強打で回転をかけるタイプの日本製ラバーで、ハードスポンジを採用した「Calibra Tour H」の組み合わせを検証・数値化

 

打球感 5.5~6

リベルタウィローのに搭載されている特殊素材「イザナス」の特性である「衝撃吸収性」を発揮させているんですが、Calibra Tour Hは硬く、弾きの強いラバーである為、ボールを完全に吸収して抑え込むことは難しい組合せとなっています ドライブ等の打球時、特に強いインパクトの時には掴みはあるものの、Calibra Tour Hの特徴であるスポンジの硬さや直線的な飛び出し方が特徴的ですね カット用としては非常に攻撃力の高い組合せとなります ただしこの飛び方はカット時には非常に影響するので、ボールを抑える事自体がかなり難しくなります 「ハードヒッター用」という事が謳われているラバーなので当然ではありますが、吸収性に優れるラケットとあわせても硬さを軽減させるのは難しいですね 強いインパクトが出来るかが重要になってきます

弾性 4.5~5

特殊素材系のカット用ラケットとしては良好な弾性を有するので、厚とはいえテンションラバー×カット用ラケットとの組合せとしては弾性の確保が出来ています かなり直線的で飛び出しが早いので、弾道の取りづらさがあります リベルタウィローとの組み合わせた利点としては、Calibra Tour Hがかなりハードでラケットを選びますが、ラケットが硬すぎずにイザナスの特性が発揮されている為、硬めとはいえ強いインパクト時に「掴み」が体感できる様な組み合わせにはなっています フィーリング重視の特殊素材系以外ではインナー系を組み合わせた場合でもラバーの硬さが前面に出てきてしまうので、ドライブや強打の安定性としてみると、かなり硬いスポンジのラバーをハードヒットして掴ませる位のフィーリングを有しているのは大きいですね ですがラバーの硬さがかなりある上に特徴的なシートである「マット加工」等、回転をかける事に関しては打ち方が完全に食い込ませて回転をかけるタイプなので、かなり好みの分かれるラバーです カット時に食い込ませるには硬さや弾いてしまう事が影響するので、カットで使用するにはかなり難しいですね

球持ち 6

イザナスの影響で強いインパクトの際に掴む感じはあるものの、球離れ自体はかなり早い印象を受けます Calibra Tour Hの特徴が良く出ていますが、リベルタウィローが良くここまで抑えられているな というのも同時にありますね 特殊素材系で弾性の良いカット用ラケットですが、吸収性の高さが出ています 攻撃用の組合せとしてはバランスが良いといえる範疇ですが、カット用となるとこの球離れの早さはネックですね カットとのバランスを考慮すると良いはいえない組合せです

総評 3

非常に攻撃力の高い組合せではありますが「カット主戦」のプレースタイルで使用するにはラバーの硬さや弾きの強さが良い方に作用しないですね 飛び出しが早い上に弾性があるので、ボールを抑えることがかなり難しくなっています Calibra Tour Hではカットで使用するには難しいですね ミディアムスポンジのCalibra TourM やソフトスポンジのCalibra Tour Sの方が軟らかいので扱いやすくなります ですがこのラバー自体がぶつけて回転をかけるタイプなのでカット自体に適していない印象ですね 従来型のCalibraの方がまだカット用で使用するには可能なラバーですね 攻撃用のラケットであれば飛距離の出るラバーで直線的な弾道を抜群のフィーリングでバランスが取れている組合せですが、カット用でブレードが大きいので両面に厚いラバーを貼ると総重量の関係で難しくなります 攻撃用としては良い組み合わせですが、カット用としては厳しいですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

攻撃用であればいい組合せなんですが、カット用として使うには難しいですね スポンジの厚さは厚ですが、少し下がった位置からでも飛距離は出ますし、弾道が個性的ですから、取りづらいボールは打てますね ですがこれは「カット用」なので、カットの部分でネックとなる事が多くなるのはNGですね 打球感自体は硬さはありますがハードヒット時に掴みが出せる様になってます 難しいですが、攻撃力はかなり高い組合せですね