用具検証
「アコースティックカーボンインナー中国式」×「スペクトルレッド」

多数のトップ選手使用実績を誇る弦楽器製造技術を応用した5枚合板ラケット「アコースティック」に「FEカーボン」を内側に配したバージョン「アコースティックカーボンインナー中国式」とスピード系表ソフトを代表する一枚である「スペクトル」にややソフトなスポンジを採用したソフトスポンジバージョンのスピード系テンション表として登場した「スペクトルレッド」の組み合わせを検証・数値化

打球感 5.5~6.5

アコースティックカーボンのカーボン特有の硬さや弾きは強い打球時に出てくるので、数値の幅を多めに取り、上限を「6.5」としています 軽・中打程度の打球ではそれ程硬さは無く、スペクトルの食い込みも少しある為、硬質さはそれ程無いですが、強打の際にカーボン独特の硬さが出ている組合せです ベースのアコースティック自体はフィーリングの良い5枚合板でしたが、その軟らかさを損ねずに強い打球の時のみにカーボンの特性が出ている様になっていますね ハードヒットをした際に最もカーボンの特徴が活きるラケットです 強い打球の時に弾き、細かな部分では極力弾きを抑えるには適した組合せとなってます ピッチでコンパクトに弾いていく様なスタイルにはあまり適さない印象 表ソフトと合わせている割には若干掴みが強いので、ここは好みの分かれる所ですね 攻守のバランスを取る組合せです

弾性 5~6

インナータイプのカーボン×特厚の日本製テンション表ソフト という組合せですが、強い打球時には直線的な弾道でスピードボールを打てますが、内側に配されているカーボンの特性を引き出すインパクトが必要になってきます 前述していますが、軽・中打ではカーボン特有の弾き等は出てこない為、カーボンの特性を出すには強いインパクトが要求されます なので数値の幅を多めに取り、上限を「6」としています スペクトルレッドの「スピード系表ソフト」の特徴は強打や強いボールをブロックした際にカーボンの特徴が出て発揮される といった印象です テンション系表ソフト×インナー系カーボンラケットの組合せとしては激的なスピード性能ではないですが、強打時の弾道やスピード性能のバランスは良好です

球持ち 5.5

アコースティックカーボンインナーは強いインパクトを除くとそれ程球離れの早いラケットではないので、フィーリング+カーボンの特性 という部分では非常に優れたラケットです スペクトルレッドと合わせた場合、台上等での細かな部分では弾き過ぎず、操作性が良く 強打やブロック・カウンター等で強い打球に対する場合にはカーボンの特徴が出てくる為、弾き・球離れ・弾道などの面で攻撃性が高くなります バランスとしては非常に良いですが、軽い打球時にも球離れを求める場合には難しい組合せですね 軽・中・強打の際に細かく調整していく必要のある組合せです

総評 5

ペンで使用する場合、フォアでは強打時ではやや掴みがあるので好みは分かれるものの、シェークバックの場合は攻守でのバランスは良い組合せです ペン・シェーク共通の良い部分としては台上での操作性・安定性やブロック時の攻撃性の向上ですね 強いボールを受けることでカーボンの特性が出てくるので、直線的でシャープなボールが出てきます 台上ではストップ等の細かな部分で操作しやすく、強い打球では先に書いた様にスピードや弾道が特徴的になります 難しい部分としては軽い打球時の掴みが「良い」と取るか「表ソフトとしては使いづらい」と取るかですね 軽い打球の際にはカーボンの特性は出てこないので、木材系ラケットに近い使いやすさがありますが「カーボンラケット」という前提で使用すると「カーボンなのに飛ばない」という印象になります つなぎの部分等で力加減が分かり辛い というのがありますね フィーリングと弾きの部分で難しさのある組合せです

アリ? ナシ ? 実験者感想

ペンで使用する場合には強い打球時にはカーボンの硬さや響きが前面に出てくる為、スピードや弾道に関しては良いです 軽い打球時にも個人的にはもう少し球離れが欲しいので、軽い打球時と強打時との調整が難しい印象でした カーボンとしては響きが少ないので使いやすいラケットではあるんですけどね シェークバックで安定性を優先しつつも攻撃時にスピードや弾道で違いを出すには良いですね アコースティックカーボンインナーの掴みが結構強いので、ここは驚きでしたね