用具検証「キョウヒョウプロ3ターボオレンジ」
×「ROSE WOOD NCT Ⅶ」

独自技術アクティブチャージを採用したオレンジ色の日本製スポンジで、優れた弾性を有した粘着ラバーとなった「キョウヒョウプロ3ターボオレンジ」とハードウッドシリーズとして知られる「紫檀」を上板に使用した7枚合板「ROSE WOOD NCT Ⅶ」の組み合わせを検証・数値化

打球感 6

日本製のスポンジを採用したキョウヒョウとハードウッドを採用した7枚合板で硬質なROSE WOOD NCT Ⅶの組合せですが、硬い打球感ではありますが、従来型のキョウヒョウと比較すると打球時に僅かな掴みがある分、中国ラバー特有の硬さは軽減されています ですがハードウッド系のラケットなので打球感は硬めですね 重量もあり、回転を蹴るにはパワーを必要とする組合せとなっています 打球感は硬いですが打球時に僅かに掴む点が特徴的で、回転をかける際に硬すぎる・響きすぎる といった点が軽減されています

弾性 5.5

スウェーデン製ラケット+中国系粘着ラバーの組合せですが、スポンジが日本製で弾性をアップさせているタイプなので、弾性面では大きく向上している組合せとなっています アクティブチャージを採用した日本製スポンジの効果は大きい為、既存のキョウヒョウ系としては大幅な弾性向上を達成している事で、木材系ラケットとの組合せの場合でも良好な弾性を確保できています ただROSE WOOD NCT Ⅶはハードウッド系の中でもかなり硬質なラケットではあるので、回転をかける際に力を必要とするのは先に書いた通りです 更にスポンジの関係で直線的な飛び方が強くなっているので、弾性向上はしているものの扱いの難しい組合せですね ボールの威力に関しては強打時にもスピードが出せる点は大きく、粘着=ドライブ◎ 強打× といった特性はかなり軽減されます 粘着ラバーの特性に加えてスピードアップは出来ている組合せですが、ラバーのスペックを発揮させるには硬さや重量に負けないスイングが要求されます

球持ち 5.5

キョウヒョウプロ3ターボオレンジのスポンジが日本製で比較的食い込ませやすい事でROSE WOOD NCT Ⅶの硬さを僅かに抑えている組合せとなってます 軽い打球で食い込む様な球持ちのよさは無いですが、強い打球時に粘着ラバーとしては程よい食い込みがあるので、ROSE WOOD NCT Ⅶの硬さを強く感じさせないのは良いですね 組合せのバランスとしては良い印象を受けます ラバーの弾性とラケットの弾きでやや球離れの良さがあります キョウヒョウとしては意外な飛び出し方をします 飛ばす事に関してはターボスポンジの影響で、かなり飛ばしやすくなっていますね

総評 7.5

重量と硬さがあるので使いこなすには難しい組合せですが、粘着ラバー×木材ラケットとしては優秀な弾性を確保できる組合せとなっています ハードウッド系5枚合板の様に硬さがありながらも回転のかけやすさはある という様なものではないですが、強い打球に対して極端に弾きだすことは無いので、回転のかけやすさは減退していますが、まずまず良好といえますね 威力をフルに出すには容易ではないですが、キョウヒョウプロ3ターボオレンジの特性を損ねずにROSE WOOD NCT Ⅶが更に威力をアップさせています 5枚合板と比較して飛距離もアップするので、下がった位置からでも大きな展開で打ち合えるのは大きいですね 粘着系+木材系ラケットとしては優秀です キョウヒョウプロ3ターボオレンジ最大の効果である「弾性」これを損ねずにスピードと回転のかけ易さを維持している組合せではあります ネックとなるのはラバー・ラケットのコストや難度の高さですね 中国製スポンジや已打底タイプ等色々とある中ではターボオレンジは使いやすくはなっていますが、この組合せでも硬く、回転をかけるには力が必要です パワーヒッター向けの組合せですが、回転性能に加えて、打ち抜けるスピードも獲得できるのは大きいです 特殊素材系の様な硬質さではない点も良いですね 同じ硬い打球感であっても特殊素材特有の打球感とは性質が異なるので、硬さの中にも木材系の良さが出ています 使うには楽な組合せではないですが、威力を追求した組合せになってますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

これはターボオレンジで無ければ硬すぎる上に弾まないので、実用的な組合せではないでしょうね ターボオレンジで辛うじて という組合せです ただ粘着ラバーと木材ラケットの組合せとしては弾性と回転性能のバランスは極めて良いです 威力を追求した用具としては優れていますが、使いこなすのは本当難しいですね ハードウッドの硬さと食い込むとはいえキョウヒョウですからねえ