用具検証
「RASANTER R42」×「双 MF R」

シートを薄くした事でスポンジの厚さを厚くする事に成功した「RASANTER」シリーズ 大幅な弾性向上と直線的な弾道が特徴の回転重視タイプ+軟らかめのスポンジを採用した「RASANTER R42」と特殊な反転式グリップ「マルチファンクショングリップ」を採用した単板ラケット「双」の角丸型バージョンである「双 MF R」の組み合わせを検証・数値化

打球感 4

RASANTER R42のスポンジ硬度がドイツテンションの硬度で「42°」とソフトなので、打球感自体はかなりソフトな組合せとなっています 単板である、双 MF Rとの組合せではかなりフィーリングがソフトになり、掴みの良さが際立つ印象ですね 回転重視のラバーとしては直線が強い弾道になるRASANTER R系ですが、単板と合わせた事でこの特性がありながらも安定性を高めている組合せとなっています 元々ソフトなラバー+単板なので響きは皆無です

弾性 6~6.5

RASANTER自体が「ULTRA MAX」という、一般的な特厚相当のスポンジよりもさらに厚くしているので、弾性に関しては大きく引き上げられています 双 MF Rは単板としては薄めの「8.0mm」という、板厚ですが弾性は良好に保たれている為、弾性に関しては優秀です 弾性が優れている用具同士を組み合わせた際には扱いが難しくなる事が多くなりますが、今回の組合せではRASANTER R42のスポンジ硬度がソフトな物である事や単板のフィーリングの関係で打球時にボールを持つ感覚が強い為、弾性の強い組合せでありながら回転がかけやすく、使いやすい組合せとなってます RASANTER R42は飛距離の出るラバーなので、下がった位置からの打球でも十分な飛距離を出す事が可能です

球持ち 4.5

打球時の掴みの強さがありますが、食い込んだ後の飛び出しが強く、回転のかけ易さと飛ばしやすさの両立を達成している組合せですね 食い込ませる事自体に難しさはないラバーである上に単板ラケットなので、球持ちの良さが目立つ組合せとなってます 双 MF Rが単板としては少し硬さのあるタイプではあるものの、RASANTER R42のスポンジの軟らかさが目立ってますね 回転のかけやすい組合せです

総評 6~6.5

打球感がかなりソフトですが弾性が強く、打ちやすい組合せとなっています 軟らかいラバーにありがちな「食い込みすぎて飛ばない」という様な事は無く、スポンジに食い込んだ後に非常にスピードのあるボールが飛び出して行きます 弾道は直線が強めで低い弧線が特徴ですね 単板ラケットのフィーリングと軟らかいラバーとの組合せなので、掴みに関しては非常に強いものとなっています 掴みは強めですが極厚スポンジである「ULTRA MAX」による弾性は大きく、飛ばす力は強いですね 軟らかいラバーで弾いた際にはかなり潰れてしまい、飛び出しが遅いラバーが多いですが、RASANTER R42の場合は食い込んだ後の飛び出しが非常に良く、軽く弾いてスピードボールが打てる様になっています スピードに関しては非常に素晴らしいですね 回転性能はラバーが「回転重視」を謳っているタイプとしては控えめですが、引っ掛かりが良いので「回転をかけている」感覚はまずまずありますね 双 MF Rが小ぶりで形状も独特なので好みの分かれるラケットではありますが、打球感はソフトで飛ばせます 相性としては良いですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

台上等の細かな部分では気を使う組合せですが、軽い打球で容易に食い込み、その後に素晴らしいスピードで飛び出していくので、威力と使いやすさの両立は出来ています ラバーのコストパフォーマンスがネックですが、トップ仕様ラバーテイストのボールが打ち込めるのが魅力です 単板との相性もかなりソフトなラバーとしては掴みすぎずないので、ここは良いですね 引っかかりと軟らかさ・回転のかけやすさはあります 回転性能は別ですが 打っていて気持ちの良い組み合わせですね