用具検証 「双 MF R」×「インパーシャルXB」

特殊な反転式グリップ「マルチファンクショングリップ」を採用した単板ラケット「双」の角丸型バージョンである「双 MF R」とスピード系表ソフト「インパーシャル」をベースにテンション化し、スピードとナックルボールを大幅に強化した日本製テンション表ソフト「インパーシャルXB」の組み合わせを検証・数値化

打球感 5

「双」は単板の打球感としては少し硬さがあるタイプなので、「吸い付くような打球感」という程のフィーリングを持つ単板ではないです ここに軟らかめながらも球離れが早いインパーシャルXBを合わせると、ラバーの食い込みはありながらも打球時の硬さのある組合せとなっています とはいえ、ラケットは単板なので合板ラケットの様な「弾き」「硬さ」「球離れ」とは当然異なります 単板×表ソフトに合わせた打ち方が必要になってきます 単板としては表ソフトと合わせやすいラケットではありますね

弾性 6.5~7

インパーシャルXBが非常に際立った弾性を有するラバーで、双MF R自体も弾性は良好なので、弾性面に関する部分では非常に良い組合せとなってます 他の弾性の際立ったタイプのテンション表と比較すると飛距離が出せるのはインパーシャルXBですね なので数値を+0.5しています 打球時に軽く掴んだ後に、非常に直線的でスピードのあるボールが打てますが、硬すぎず・弾き過ぎないので、ドライブ・強打どちらもバランス良く打てる印象です 単板×表ソフトとしては比較的打ちやすい組合せですが、弾いた際の「掴み」部分で好みが分かれます 硬さや弾きを出すには合板ラケットの方が良いです

球持ち 4.5~5

ラバーのスポンジ硬度が「30.0°」と軟らかめに仕上げてある事や少し硬さがあるとはいえ、単板のフィーリングをしっかりと残しているので、球持ち自体は良い組合せですね その後の飛び出し方はインパーシャルXBの特徴で、非常に素晴らしい球質となっています 打球時の食い込みの後に非常にシャープで直線的な弾道で飛んでいき、表ソフトの「ナックル」性能も良好です スピード+ナックルに軟らかさから来る安定性も向上している印象ですね  ドイツテンション系表ソフトに多いスポンジ硬度「37.5°」と比較すると僅かに硬めで球離れが良いので、単板の特性であるフィーリングを考慮すると、少し硬めのスポンジがバランスの取れている組合せです ドイツテンション系の表ソフトであれば「40.0°~42.5°」程度の方が単板の場合は掴み過ぎないですね 単板と合わせる場合は極端に掴み過ぎないようにする必要があるので、この組合せは良い組合せと言えます インパーシャルXSと比較すると回転のかけやすさがある反面、掴みの方が強く出る為、ドライブを多用するスタイル向けですかね インパーシャルXBは表ソフト速攻に求められる「弾道」「スピード」「球離れ」を単板でもキープできる印象ですね

総評 7

単板×表ソフトとしては弾き易く、掴みすぎる事が無いので、打球時の極端な軟らかさや掴みの強さ というのは無いですね ラバーのスポンジが軟らかめではあるものの、非常に球離れが早い点が良いです 双 MF Rが単板としては掴みすぎずに少し硬さや弾きがある点がラバーを選びますが「表ソフト」と合わせる選択肢が可能になっています 強く打球すると食い込ませる事自体、難しいラバーでは無いですが、容易に食い込み、遅れて出てくるので飛距離の修正等が必要ですね  スピードを出すのに力を必要としないので、ずば抜けた弾性をコントロールする事に集中できるのは良いですね ブロック・カウンター等を攻撃的にしながらも安定性を向上させる事が出来ます 好みの別れる点としては双 MF Rのブレード形状やサイズ、グリップ等ですね ブレード自体はかなりコンパクトで角丸タイプとはいえ丸みの強いタイプです 切り返しや裏面を使うには総重量を抑えることが出来るのは利点ですが、この小ぶりなブレードサイズにフィットするかどうか ですかね グリップは細身ですが極端に短いので、ここも同様ですね 前陣での操作性は高いです 細かな点で気になる部分はあるものの、単板×表ソフトとしてはバランスが取れています 数少ない成功例 といった印象ですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

インパーシャルXSだと組合せとしては掴みが強くなりすぎるのでかなり好みの分かれる所ですが、インパーシャルXBの球離れや弾道がよりスピード系の表ソフトの特性が強く出ている事で可能になった印象ですかね 双 MF Rも単板としてはソフトなフィーリングになりすぎずに少し硬さがある事があわせやすくなっています 打ち方を変える必要があるものの、単板と表ソフトを組み合わせた例としては非常に良いです