用具検証 「SKカーボン-CS」 × 「ロゼナ」

板厚が「5.2mm」と非常に薄く設計され、使いやすいタイプのカーボンラケット中国式「SKカーボン-CS」と「テナジーに採用されている事で知られる「スプリングスポンジ」を採用しながらもコストパフォーマンスに優れるテンションラバー「ロゼナ」の組合せを検証・数値化

 

打球感 5~5.5

カーボンラケットなので打球感特有の硬さや響きはあるものの、使い易さを重視しているタイプなので、硬すぎる・弾きすぎる という程ではないです カーボンラケットで回転のかけ易さと飛ばし易さを求めるようなラケットですね ここにスプリングスポンジを採用したロゼナを合わせると、少し硬さがありながらも、回転のかけ易さを損ねずにカーボンラケットとのバランスが保たれている印象です カーボン系の打球感は強いので、好みの分かれる打球感ではありますが、使いやすいカーボンラケットとしてはSkカーボンの存在は大きいですね もう少し軟らかい方がよい場合はコスト面がネックとなりますが、テナジーFX系 威力を追及しながらも安定性を求める場合はテナジー といったラバーが候補に上がります カーボンの打球感をもう少し抑えてコストも抑える といった場合はラウンデルの様なラバーになってきますね

弾性 5.5~6

カーボンラケットとはいえ板厚が「5.2mm」と非常に薄く設計されているので、弾性はこの薄さとしては良いですが、一般的なカーボンラケットと比較すると控えめとなってます 打球感はカーボンらしいですが、飛びすぎないので、ラバーで弾性のバランスを取るタイプです ロゼナはスプリングスポンジを採用しているので弾性面は良好ですから、ある程度の弾性を確保できる組合せとなってます カーボン系の特徴が良く出ているので弾道はやや直線が強くなりますが、カーボンラケット系に多くなる「棒球」の様な極端な直線弾道にはならないですね 回転のかけ易さを損ねずにカーボンの特徴を出す ということに成功しています 板厚を考慮すると弾みは良く確保できている組合せではありますね  ラバーの性能による部分が多いので、数値は「5.5~6」としていますが、6までは到達していない印象です 中陣位であれば十分飛距離やスピードは確保できている組合せです

球持ち 5.5

ロゼナが比較的軟らかいタイプですが、SKカーボン-CSは使いやすいタイプではあるとはいえ、カーボンの特性が強いので、弾きや硬さ というものはよく出ています なのでスプリングスポンジの特徴である「掴み」とカーボンの「弾き」のバランスとしてはややカーボンの特性が強く出る印象です とはいえ、板厚が厚く、弾み重視タイプのカーボンラケットと比較すると大幅に使いやすく、回転もかけやすいので、トータルバンラスとしてはこの組合せは優秀ですね

総評 6.5

カーボンラケットとしては特徴を出しながらも、敬遠される事が多い「弾きの強さ」や「響き」等が調整されているので、使いやすいカーボンラケットとして仕上がっていますね ロゼナとのバランスが良い組合せとなってます ラケットの関係で弾きや硬さは強めに出るものの、回転のかけ易さをキープし、カーボンの飛び方や弾道となっている印象ですね 万人受けするタイプではないですが、カーボンラケットの良さを出しながら使いやすくしている という部分はなかなか無いですね どうしてもカーボンの特徴である「硬い」「響く」「弾く」という部分が回転をかける際に影響が大きいので、特性を出しながらバランスが取れる というのは大きいです 非常に良いのはSKカーボンのコストパフォーマンスですね 高額な特殊素材形ラケットを多く揃えるメーカーのラケットとしてはコストを抑えて使いやすさと威力のバランスタイプのラケットが安価で手に取る事ができるようになってます 少しソフトなラバーとあわせると更に打球感や回転のかけやすさがアップするので、軟らかいラバーから徐々に硬くする というステップアップの仕方もお勧めですね ロゼナが若干コストの割に劣化スピードが早めなので、ここが気にはなりますが、組合せのバランスとしては良好ですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

カーボンの特徴は強めに出ていますが、カーボンラケットしては使いやすいので、汎用性は高い印象ですかね プラスチックボール対応のラバーで掴むタイプの物は硬すぎるラバー というのは少ないので、そういったラバーと組み合わせると「掴み」と「弾き」のバランスがとりやすくなるラケットです ロゼナはスプリングスポンジ搭載ラバーとしては程よくソフトで掴むので、木材より硬さや弾きを出したい場合には良い組合せですかね