用具検証
「キョウヒョウプロ3ターボオレンジ」
×アコースティックカーボン」

独自技術アクティブチャージを採用したオレンジ色の日本製スポンジで、優れた弾性を有した粘着ラバーとなった「キョウヒョウプロ3ターボオレンジ」と弦楽器製造シリーズとしては多数のトップ選手使用実績を誇る「アコースティック」に「FEカーボン」を外側に配したバージョン「アコースティックカーボン」の組み合わせを検証・数値化

打球感 7

キョウヒョウとしてはAC(アクティブチャージ)を採用したスポンジを採用した事で打球感がソフトになっているキョウヒョウプロ3ターボオレンジですが、あくまで「キョウヒョウとしては軟らかい」なので、アウターカーボンであるアコースティックカーボンとあわせるとかなり硬い打球感となっています キョウヒョウプロ3ターボオレンジの特徴としては「直進性」が従来型のキョウヒョウと比較して大きく違う所ですが、アコースティックカーボンとの組合せで更に直線的な弾道となり、キョウヒョウの特徴でもある「弧線」の影は皆無となっています カーボン特徴とキョウヒョウの特徴がよく出ており、飛び出しが早く、硬さの目立つ組合せとなってますね

弾性 6

ターボオレンジのスポンジが大きく弾性を向上させている事やアウター系のカーボンラケットの強い弾性の関係から、キョウヒョウ系のラバーとしては非常に良い弾性を確保できる組合せとなっています、 已打底加工のキョウヒョウNEO等と比較をすると寿命の面でも弾性が長くキープできるので、メリットが大きくなります 先に書いてますがキョウヒョウとしてはかなり直線的になる弾道が特徴で、キョウヒョウの粘着から来る回転性能は高いものの、飛び出しの早さや弾道の関係で「弧線による安定性」というものが失われる組合せです その代わり飛距離やスピード性能の向上は大きく、ボールの威力は更に増す組合せです 回転をかけるには力を必要としますが、威力を追及した組合せではありますね

球持ち 6.5

球持ちはアコースティックカーボンの特性上早くなる印象 キョウヒョウプロ3ターボオレンジはスポンジの関係で食い込みは僅かにあるものの、ラケットの弾きが大きい為、飛び出しは早いです キョウヒョウの回転性能を発揮させるにはかなり難しくなる組合せですが、従来型のキョウヒョウと比較すると僅かながらも食い込みがスポンジにある分、いくらかは回転がかけやすくなる 程度ですね かなり弾くのでラバーの特性を活かしづらくなっていますが、キョウヒョウとしては直線的な球筋で「違い」を出せる組合せとなってます

総評 6

「粘着ラバーで打ち抜く」を可能にする組合わせではありますが、球離れ・硬さ・重量等の面でかなり難度が高い組合せとなってます キョウヒョウ最大の特徴である「弧線」 これはターボスポンジの影響で直線的な弾道寄りに特性が出ていますが、アコースティックカーボンと組合わせた事で、更に直線的な弾道となっています その為ドライブを打った際に弧線が作りづらくなっています 特徴的なキョウヒョウの弾道からは大きく変わっている為、キョウヒョウ+α という面では大きく違いが出せますね ですがアウター系カーボンラケットにややソフトであるとはいえ「粘着ラバー」を合わせるにはかなりハードな打球感や回転をかけるには球離れの早さがあるので、回転をかけるにはしっかりと振りぬける力が必要となります 安定性を犠牲にして威力を追求した組合せですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

球離れと硬さが回転をかける事を難しくしていますね パワーヒッター仕様の組合せです 使いやすさを取るならキョウヒョウNEOとアコースティックカーボンを合わせるか、インナー仕様であるアコースティックカーボンインナーにキョウヒョウプロ3ターボオレンジを合わせるか ですね ですが前者はラバーのスペックが時限的な物である事がやはりネックです 現実的な組合せとしては後者でしょうね ドライブ・強打どちらでも強烈なボールが打てる組合せではあるので、振れるなら使いたい組合せですね