用具検証
「ルーティスレボ」×
「スピンピップスレッド」厚

特殊素材を「Gカーボン」から「FEカーボン」へと変更し、カーボンの弾みを備えながらも硬すぎない打球感が特徴の「ルーティスレボ」と回転系表ソフト「スピンピップス」をベースにソフトなテンションスポンジを採用したバージョン「スピンピッスレッド」の組み合わせを検証・数値化

打球感 5.5~6

カーボン系のラケットとしては比較的硬さがマイルドなルーティスレボですが、スピンピップスレッドがドイツテンション系等と比較をすると硬めのスポンジを採用しており、打球感もやや硬さのある物となっている為、打球感としては硬めですね 強い打球時に僅かに食い込むものの、強打した際に潰れる様な軟らかさは無いです カーボン系ラケットとの組合せですが、響きが抑えられているのは良いですね

弾性 5

強く弾いた時には直線的な弾道で飛び、ブロック時にはやや球離れは早いものの抑えやすい弾性といった印象です ラバーは「厚」を使用しているので、特殊素材系としては飛びすぎずに弾き易さと止め易さのバランスが取れている組合せとなっています スポンジが硬めでドライブの打ち辛さはあるものの、回転性能の高いラバーなので、ツッツキやサーブ等に威力を発揮します ドイツテンション系の表ソフトと比較すると扱いは難しくなりますが、攻守のバランスが取れる組合せですね

球持ち 5.5~6

硬さはあるものの強い打球の際に潰れる事が無く弾き飛ばせる硬さで、やや硬い~硬めといった組合せです 球離れとしては早めで食い込みは少なく、打球後に直線的に飛び出します ですがカーボン系のラケットとやや硬めの日本製表ソフトとの組み合わせとしてはガチガチで棒球になる様な極端な弾道や球離れではなく、コントロール性を損ねていないバランスを保っている印象です 硬質で球離れのも早めなので、球持ちを優先するような組合せではないですが、ドイツテンション系表ソフトの様な軟らかさを避けるにはこういった組合せとなりますね

総評 7

硬さや響きを抑えているとはいえカーボンラケットの硬さとテンション系としては硬さのある表ソフトの組合せではしっかりとした硬さがありながらも、強く打球した時に軽く食い込む打球感となります その為、ドイツテンションの様な軟らかいスポンジから来る球持ちを活かした打球とは真逆の使い方になるので、移行の際には難しくなりますね 硬めの日本製表ソフトや中国系の表ソフトから弾みと少しだけ食い込みを求める場合等にスピンピップスレッドが選択肢に入ってきます 回転性能は優秀なラバーですから「回転」を活かしやすくはなりますが、ドライブを打つ際には硬さと弾きの関係で、打ち方を変える必要が出てきます 使いやすい組合せではないですが、スピンピップスの回転性能とハードな打球感で強打した際に食い込みが少ない点が特長となってますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはフォアで特厚で使用してみたい組合せではあります バックで使うには少し硬さがあるので、使うのであれば同じスポンジでより役割がはっきりとしている「スペクトルレッド」の方がいいかな という印象でした スピンピップスレッドも十分なスピードは出ていますが、やはり表ソフトの「ナックル」という部分ですね スピンピップスレッドも良いですが、回転性能を活かす方がやはり適しています バックで使うには少し硬さが目立つのでドライブが使いづらくなりますね もう少し打球感の調整を行う場合は木材系や球持ち重視の特殊素材系を使用した方が無難です 硬めの打球感なので叩きつけた場合でも潰れないのは良いですね コスト面に関してはスピンピップスはテンション系としては非常に良いですし、ルーティスレボの方も特殊素材系ラケットとしては平均的な価格帯ですね