用具検証
「インパーシャルXB」
×「ガレイディアリボルバーR」

スピード系表ソフト「インパーシャル」をベースにテンション化し、スピードとナックルボールを大幅に強化した日本製テンション表ソフト「インパーシャルXB」とアリレートカーボンを採用した反発力の良い軽量反転式ラケット「ガレイディアリボルバー」の組み合わせを検証・数値化

打球感 4.5~5

インパーシャルXBのスポンジはそれ程硬質なタイプではないので打球時に少し食い込みがあります ガレイディアリボルバーRの方も特殊素材系のラケットですが、がっちりとした硬さではないので、組合せのバランスとしては程よい食い込みを残しつつも弾きやすい組合せとなってます 同タイプの回転系表ソフトである「インパーシャルXS」と打球感を比較すると、スポンジの方では同じ硬度(30°)ですが、シートの関係からインパーシャルXBの方がより飛び出しが早く、より小さな力で飛ばせる様になっています インパーシャルXSの方が瞬間的な掴みが長い印象ですね スピード+ナックルという「スピード系表ソフトらしさ」を優先する組合せといえます

弾性 6

ガレイディアリボルバーRが反転式としてはまずまずの反発力を持つラケットですが、それ以上にインパーシャルXBの弾性が際立っていますね スピードと直線的な弾道が大きな特徴です また、非常に飛距離が出るラバーなので、前陣で使う際には距離感の修正が必要になってきます ラケットが非常に軽量で振り抜き易い点も良いですね 軽い打球でシャープなスピードボールが打てます スピードに関しては際立って優秀ですが、球質はラケットの影響が大きく、やはり軽さが目立つ印象ですね スピードと打点でたたみかける様なスタイル向けの組合せです

球持ち 5~5.5

カーボン系のラケットと組み合わせている割には球持ちは良い方ですが、食い込んだ後の飛び出しは非常に早く、鋭い印象を受けます ラバーの特性が良く出ていますが、ガレイディアリボルバーRのアリレートカーボンらしさが出ていますね 飛び出しが早いので扱いは難しくなります かなり前に飛ぶ力が強いので、ドライブで弧線を作る事が難しくなっていますね 台上やサーブ等もこの飛び方の関係上、慣れを要しますが、ラケットの弾性がそれ程強いタイプではないので、バランスとしては上手くまとまっている組合せです

総評 7

ガレイディアリボルバーRのアリレートカーボンの程よい弾きと硬さ、弾性のバランスが良く、インパーシャルXBの様な際立った弾性を有するラバーをコントロールするにはラバーの特性を損ねずに弾き易さを残してる点が特徴的な組合せとなってます 程よい食い込みがありますが、弾くとシャープで直線的なボールが飛んでいきます スピード同様に飛距離もでるので、距離感の修正が必要となってきます 特に台上等の部分ではシビアな部分がより強く出てきます 弾性から来る扱いの難しさはあるものの、打ち抜けるスピード性能は魅力です スピードとナックルを優先した組合せですね ネックなのはラケット・ラバーともに高額である事やスピードは良いですがボールの「軽さ」ですね これはラケットの影響がかなり強いです 軽さと反発力が特徴なのでここは仕方が無いですね とはいえここまで飛ばせる反転式は少ないので、反転式でスピードを追及するには良い組合せではありますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

インパーシャルXBが非常に良く飛びます スピード系としては滑りが少ないのも良いですね 回転のかけやすさがスピード系としてはあります ガレイディアリボルバーRの球質に関しては気になる所ではありますが、これはラケットのスペック上、仕方が無いですね 軽い上にスピードが出る というのを優先する方が良いですね