用具検証
「ルーティスレボ」×
「アタックエイトEX-X PZC-SP」厚

特殊素材を「Gカーボン」から「FEカーボン」へと変更し、カーボンの弾みを備えながらも硬すぎない打球感が特徴の「ルーティスレボ」とテンションシート「EX-X」タイプに超軟性スポンジである「PZC-SP」を合わせた変化系表ソフト「アタックエイトEX-X PZC-SP」の組み合わせを検証・数値化

 

打球感 4

ルーティスレボの素材変更(Gカーボン→FEカーボン)の影響でカーボン特有の打球感が抑えられており、響きの少なさ等が特徴の組合せとなっています アコースティックカーボンが同じ特殊素材を採用していますが、こちらの方がよりカーボンらしい打球感という印象です ルーティスレボの特徴としては「カーボンの打球感+球持ち」なので、反発力に優れる一般的なカーボン系の打球感としてはソフトな打球感になる傾向です その為非常にソフトなアタックエイトEX-X PZC-SPと合わせた場合にも打球感は軟らかく、球持ちの良さが際立つ印象ですね

弾性 4~4.5

数値上は「0.5刻み」で報告しているのでこの数値としていますが、印象としては「4~4.25」位の弾性ですかね アタックエイトEX-X PZC-SPは変化系表ソフトですし、「厚」相当なので弾性としては十分ですかね カーボンラケットらしい「弾き」というのはルーティスレボでは抑え目になっていますし、アタックエイトEX-X PZC-SPもラバーの特性上、反発力や球離れの良さでスピードを出すタイプではないので、直線的でシャープな球質を追求 というよりはブロック性能と変化・回転性能を安定させる組合せです 弾きを出す場合は王道的なカーボン系やカーボンをベースとした特殊素材系のラケットを選択する事になります ルーティスレボの利点としてはカーボンの飛びを有しながら、響きが少なく回転がかけやすいラケットなので、アタックエイトEX-X PZC-SPの非常にソフトなスポンジを活かす飛ばし方が出来る組合せはありますね

球持ち 4

ルーティスレボが既に書いていますが、カーボン系としては弾きが抑え目でボールを持つタイプのラケットなので、一般的なカーボンラケットの特徴である「硬質な打球感・球離れ・響き」などの影響は少ない組合せです その為、アタックエイトEX-X PZC-SP最大のメリットである「ブロック力」を活かしやすくなっています アタックエイトEX-X PZC-SPに球離れを求める場合にはカーボンラケットの特徴が色濃く出るものが良いですが、ルーティスレボの場合は打球感や球持ち良さから来る特性から、硬めで攻撃力のあるラバーとのバランスが取り易くなる というメリットがあります 変化系の特性を強く出しながら安定性を重視した組合せと言えますね

総評 7.5

カーボンラケットでありながら軟らかさと球持ちの良さを発揮し、アタックエイトEX-X PZC-SPの特徴である「ブロック・変化」の安定性を高める組合せとなっています これにより攻撃力の高い硬めのラバー等と組み合わせる際にカーボンラケットでは硬すぎる・球離れが早すぎる といった問題を解決する事が可能になってますね アタックエイトEX-X PZC-SPはスポンジ硬度が「25°」とラージボールで使用されるスポンジと同等の硬さなので非常にソフトです カーボンの弾きで飛ばすタイプのラケットではないので「弾き」「球離れ」「打球感」といった部分では好みの別れる所ですが、ブロックや台上等での安定性をカーボンラケットを使用しながら向上させる事が出来る というのは貴重です もう少し弾きがあると尚良いですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

好みの分かれる組合せですが、カーボンラケットに変化系表ソフトを組み合わせて安定性が強化できる という点が魅力ですね アタックエイトEX-X PZC-SPのブロック性能と変化性能は大きな特徴なので、弾性の良いラケットを使用しながらも変化系表の特性を損ねないのは大きいです 個人的にはもう少しカーボンの特性が強い方が良かったですが、カーボンラケットと組み合わせてここまで抑えやすい組合せはなかなか無いので、特徴のある組合せではある印象でしたね