用具検証
「レーザーカーボンプレシアスロータリー(木材)」×「ENERGY ABSORBER」 2.0

異なる合板構成を持つ反転式カーボンラケット「レーザーカーボンプレシアスロータリー」角丸型の木材面と使い易さと弾性が特徴のアンチラバー「ENERGY ABSORBER」の組合せを検証・数値化

打球感 4~4.5

ENERGY ABSORBERのスポンジ自体の硬さはそれ程硬いタイプではなく、レーザーカーボンプレシアスロータリーの木材・カーボン共に軟らかめの打球感に仕上がっているので、まずまずソフトで扱いやすいですね 極端に食い込むラバーでは無いですが、打球時に少し食い込みがあります ラケットの弾みが抑えられており、ラバー自体も反発するタイプではないので「飛ばす」という事が難しいですね 響きは皆無ですがフィーリングは独特な打球感となってます 強い打球時に反発する事が無く、飛び出す感覚が無いのは特徴的ですね

弾性 2.5~3

ボールを吸収する特性を持つ、アンチラバーとしては飛ばせる方ではありますが、ラケットの特徴が反発力を抑えて安定性を重視している設計となっており、実際に弾きや反発力がそれ程無いラケットなので、アンチと低弾性のラケットとの組合せらしさが出ています ENERGY ABSORBERがアンチとしては飛ばしやすく、スピード性能も良好ですが、レーザーカーボンプレシアスロータリーの木材面が前述している通り、飛ばすタイプのラケットではないので、プッシュ等でスピードを出すには慣れが必要となってきます アンチとしては弾性の良さや使い易さ等、トータルバランスに優れるので、より扱いやすくなり、攻守のバランスが取りやすくなった組合せといえます

球持ち 2.5~3

ラバーが硬すぎない上にラケットは軟らかめですが、受けた印象としてはボールを持つ というよりは低反発のラケットが飛ばさない という印象ですかね 食い込んだ後にボールが飛び出してくる事はないです ボールとの接触時間を長く出来る為、意図的に長く持たせる事が容易にはなってます 緻密なボールコントロールが出来る組合せですね

総評 7.5

異質用として設計されているラケットとの組合せですが、ボールコントロールにより特化しており、守備的なプレースタイルに適した組合せになってますね ENERGY ABSORBERが「厚相当」である「2.0」を使用していますが、ブロックや台上での安定性は非常に高い印象です ラバー・ラケット共に反発して飛んでいく という用具ではないので、飛ばすには押し込む必要がありますが、この時にボールが結構伸びる為、飛距離が意外に出る印象ですね 接触時間の短い、コンパクトな打球ではボールが飛ばしづらいので、接触時間長くしてボールを飛ばす事になります アンチとしては使いやすいラバーですが、ラケットを低弾性にした事で、攻撃的な面を抑えていますね やや守備寄りにした組合せです

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には台上のバリエーションがかなり増えるな という印象だったので、アリですね ラケットがこういったタイプのラバーを使用する事を前提として設計をしているので、ENERGY ABSORBERの使い易さを更にアップしています スピードを出すには厳しい部分もありますが、レシーブの安定性とブロック力の強化は大きいですね フォア側とのバランスで、緩急のつけ易くなります ENERGY ABSORBERの良さを引き出しながらも安定性を高めていますね