貴重なラージボール兼用可能テンション表ソフト
「SPEEDY SOFT D.TecS」2.0

サムソノフ選手が契約しているメーカーとして知られているドイツメーカー「TIBHAR」のテンション系表ソフト「SPEEDY SOFT D.TecS」です メーカーが「ラージボール兼用可能」と謳っている貴重な表ソフトで、硬式時のスペックは「やや変化系表ソフト」というものになっています

  

かつてラインナップされていた「ニアモア」とカラーリングやデザイン的にはかぶっている印象ですね パッケージは「グラスD.TecS」と同じ様にぶりスターパックの様なタイプとなっています その為開封するには、背面のパッケージを破る必要があります

  

ツヤのあるシートで非常に綺麗な物です 粒の配列は横目で形状は台形+円柱 中太ですね 間隔は詰まりすぎず、離れすぎず といった間隔です スポンジ硬度は「32.5°」と、硬式で使用するドイツテンション系としてはかなりソフトな表ソフトです ラージ用としては硬めですね とはいえ打球感は極端にソフトではなく、掴んでから弾き出す といったタイプですね

TIBHAR社が謳っている硬式でのスペックは前述している通り「やや変化系表ソフト」という扱いですが、この「やや」という点がこのラバー最大の特徴ですね 回転性能やスピード性能は非常に良好で、変化系表ソフトの様な「クセ」は抑えられています その為「やや」という表現が非常に良く当てはまりますね 球離れはスポンジがソフトなので軽い打球で食い込み飛び出しますが、スピードが出しやすいラバーとなっています スペック的にはスピード重視となっていますが、回転系表ソフトに近いスペックの回転量を有しており、擦りやすいのでかなり回転はかけやすい印象ですね メーカー表記では「5+」となっていますが、表記以上の回転性能を有している印象です テンション系らしいスピードと優秀な回転性能に「変化も付いていている」といったタイプのラバーです

ラージボール兼用可能 というラバーは非常に少なく、アークストロング社の「アタックエイトEX-X PZC-SP」等極僅かです 硬式でも同様ですが、弾性面に関してはSPEEDY SOFT D.TecSの方が圧倒的に勝っているので、スピード・回転・変化 このバランスを優先する場合は選択肢に入ってきます 対してアタックエイトEX-X PZC-SPは極端にソフトなスポンジでボールを吸収できるので、ブロックや変化に加えて、変化系表ソフトとしては優秀な回転性能が大きな特徴ですね 「より変化系らしさ」を求める場合はアタックエイトEX-X PZC-SPです 攻撃力を重視した表ソフトよりも安定性をとりつつも攻撃力を落とさない表ソフトがSPEEDY SOFT D.TecSの位置づけですかね 軟らかいですが弾きやすいですし、弾道もシャープで直線的です 変化系としてみると攻撃力はかなり高いですね スペック的には良い表ソフトですが、ネックなのは価格と入手のし辛さですかね コストパフォーマンスは良いとは言えないですが、個性的な表ソフトスペックは優秀なので、お勧めできる表ソフトではありますね