球離れの早さ+ハードな打球感が特徴
「TUTTLE 世界一号(内蔵已打底)」 中

TUTTLEを代表するラバーは国套とこの「世界一号」で、ロングセラーとなっています スポンジに皮膜の無い、内臓タイプの已打底ラバーとしてはハードな打球感が特徴となっています

今回も

「卓球中国ラバー専門店MASAKI」

様よりご提供いただきました いつもありがとうございます~~~~ ヽ( ´¬`)ノ

    

今回のパッケージは自由の女神の様なデザインが目を引きます TUTTLEのパッケージはシンプルな物が多いので、この世界一号は同メーカーの中では目立ってますね 真空パッケージです パッケージには「軟」と記載されていますが、シールで「中?」という訂正がある為、スポンジ硬度は中です スポンジ硬度は国套では数字で表記されていますが、なぜか世界一号は漢字表記となっています

  

質感はTUTTLEらしく、中国メーカーとしては均一な品質をしています 特に粘着の質はムラが無く綺麗です ですがこのラバーも粘着が回転に繋がるスペックではないので、回転性能は厳しいですね 「ハードな打球感」とタイトルにも書いていますが、これは「中」としては結構硬めの打球感で弾きの良さが目立ってますね あまり食い込みは無く、スポンジが弾き出す印象です TUTTLEの内蔵已打底タイプのラバーとしては硬めなので、これは意外でしたね

弾性に関しては非常に安価な価格帯のラバーとしては優秀で綺麗な飛び方をする印象です 弾道は直線的ですね 打球感の硬さと球離れの良さ・弾道は特徴的です ネックなのはシートの粘着が質の割に回転がかからない 擦れない という所ですね これがソフトであれば「食い込ませて回転をかける」という事が容易ですが、硬さと弾きが強く出ているので、食い込ませる前に飛び出すラバーとなっています かなりスピード寄りのラバー といった印象ですね 食い込ませるにはある程度力が必要になってきます

スピード性能は価格以上のスペックといえますが、回転のかけ易さや使い易さ というのは内蔵已打底を採用しているTUTTLEのラインナップ中では特に厳しい印象ですね 打球感がソフトで球離れが早いのであれば、食い込ませやすく回転もかけやすいのですが、打球感のみハードな粘着テンションに近づけているので、食い込ませる事が難しくなってます 「中」という割にはかなり硬質で弾くので、硬度以上の硬さがありますね ですがこのラバーの実売価格を考慮すると、スペックとしては十二分ですね スピードに特化したラバーです

その他の報告