用具検証
「バトルバルサ」
×「世界一号 已打底」 中

バルサ材を使用したスウェーデン製5枚合板ラケット「バトルバルサ」と皮膜の無い「已打底」を採用した粘着テンション「世界一号」の組み合わせを検証・数値化

数値について

最高を「10」とし、「0.5」刻みの20段階で掲載

例として「打球感」の場合は「10」が「硬い」 「1」が「軟らかい」となります

ラージボールの場合は「ラージボール換算」となります

ここで検証したのは基本となる「打球感」「弾性」「球離れ・球持ち」です

技術に関しては個人差が大きい為、参考にしやすい基本的なことのみ掲載しています

最後に「個人的な使用感」は掲載いたします

打球感 5.5

内蔵タイプの已打底を搭載している事や「中」という硬さとしては硬めの打球感をしている為、TUTTLEのラバーとしては「中国ラバーらしさ」が打球感に関してはややある印象ですね ここに打球感が硬めで弾くタイプのラケットである「バトルバルサ」を合わせているので、バランスとしては少し硬めの打球感です 粘着テンション系のラバーとしては「粘着らしさ」というのは薄く、弾みが均一で打ちやすい中国ラバー といった印象ですね 硬く、弾きの良さが特徴の組合せとなってます

弾性 4.5~5

TUTTLE系のラバーの特徴のひとつとなっている「内蔵已打底」を採用しているラバーなので、弾性はまずまず良好ですね ラケットの程よい弾きとラバーのスペックがスピード寄りで、直線的な弾道です TUTTLE系で内蔵已打底タイプのラバーとしては前述している通り、硬さがあるので、食い込む前に弾き出す印象ですね 食い込ませるにはある程度の力が必要となってきますが、ガチガチではないですね 弾性がプラスされているので、飛ばしやすくはなっています

球持ち 5.5

ラバーの弾きが良い印象で、あまり食い込まずに飛び出していきます 已打底の「効果」としてはグッと掴む様な軟らかさよりは少し食い込み、そして飛び出す といったラバーです ここに硬さと弾きのあるラケットを合わせているので、やや飛び出しが早い組合せとなってますね TUTTLE系の内蔵已打底タイプのラバーとしてはハードで球離れが早いですね

 

総評 4.5

TUTTLE系のラバーとしては已打底の特徴である「弾性アップ」はこのラバーでもある程度成功していますが、打球感がハードになっているので、TUTTLEの他の内蔵已打底系のラバーと比較をすると「中国ラバーらしさ」が少しだけ出ています ここに硬さと弾きのあるバトルバルサを組み合わせると、硬さがありながらも使い易さを維持している印象ですね ある程度硬さがあるので、硬めの粘着テンションで使い易さを優先した組合せとなってます ネックなのはラバーのスペックですが、粘着の質が良い割には「回転性能が厳しい」これに尽きますね 均一に弾み、スピードは出せるので、この特長を活かした方が良いです ラバー・ラケットのコストパフォーマンスは非常に良いので、試しやすいのはグッドです 物足りない面は少なくないものの、ハード寄りな打球感の組み合わせとしては使いやすいですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

硬い打球感で直線的に飛ばしたい というのであれば「アリ」と言えなくも無いですが、回転性能が厳しいので「回転を犠牲に出来るか」という所でしょうね 個人的には譲れませんでしたが  粘着の質がいいだけに、回転性能が欲しい所です スピード性能は内蔵已打底の効果もあり、良好なスペックを有しています 硬さが出てきているので、TUTTLEの内蔵已打底を採用したラバーとしては弾きとハードな打球感が好みの分かれる所です 内蔵已打底のラバーは「ソフト・使い易い」という傾向だったので、この世界一号は少し性質が異なりますね

その他の報告