用具検証
「インナーフォースレイヤー ALC」
×「アタックエイトEX-X PZC-SP」厚

特殊素材「アリレートカーボン」を内側に配したインナータイプの特殊素材ラケット「インナーフォースレイヤー ALC」とテンションシート「EX-X」タイプに超軟性スポンジである「PZC-SP」を合わせた変化系表ソフト「アタックエイトEX-X PZC-SP」の組み合わせを検証・数値化

 

打球感 4

アウター系のALCラケットである「ティモボルALC」などと比較をすると、極端な硬さによる差は無いです 弾きや球離れの差異で差別化が出来ている打球感ですね インナーフォースレイヤーALCでは、打球後の飛び出しが抑えられているので、コントロールしやすくなっています 後は響きの少なさですね 攻撃的な打球の際に弾いて飛ばす というのはやり辛くなっていますが、ブロックや台上等で特殊素材特有の弾きの強さ、硬さ というのは軽減されています

弾性 4~4.5

攻撃的に打っていく場合には弾性不足はあるものの、変化系表ソフト(厚相当) × インナー系特殊素材という組合せではブロック等の守備的な技術の安定性を考慮すると、バランスの取れている組み合わせですね インナーフォース系のラケットと組み合わせる事でアウター系では飛距離が出すぎていたり、弾きすぎていた部分での修正は出来ています 前述していますが、攻撃的なボールではスピードが落ちてしまうので、よりアタックエイトEX-X PZC-SPの特性である「ブロック・変化」を重視した組合せとなりますね

球持ち 4

これはアウター系のALCラケットと組み合わせた場合と比較して、最も大きな差異がある印象ですね ラケットで弾き出す というのはインナーフォースレイヤーALCではかなり抑えられています これにより非常に安定性が向上していますが、コンパクトなスイングで叩いた際にボールが飛ばない・飛距離が出ない という事が出てきます アタックエイトEX-X PZC-SP自体がかなり軟らかいので「弾く」という、打ち方自体があまり適していないですが、ボールの持ちが更に良くなったことで、弾くというよりは「押す」打ち方により適していますね

総評 8

アタックエイトEX-X PZC-SPの特性である「非常にソフトな打球感」「変化・ブロック力」という部分がアウター系との組合せではやや弾きと硬さが出てしまっているので「PZC-SPらしさ」というのがやや薄れている組み合わせでしたが、インナーフォースレイヤーALCとの組合せでは特殊素材系との組み合わせでありながら、特殊素材系特有の硬さは抑えられ、アタックエイトEX-X PZC-SPを活かしやすくなった組合せとなっています 球持ちが良くなっているので「弾く」事を主体とするプレーには適さないですが、ボールを持たせて「押す」打ち方を軸とする場合はラケットの弾性とラバーの食い込みのバランスが取れている印象です 打ち方によって好みは分かれます インナー系の特殊素材としては少し弾きがあるタイプなので、極端に掴む といったタイプではないですが、アウター系と比較すると「飛距離」「球離れ」等ははっきりとした違いが出るので、注意が必要です とはいえ、変化系表ソフトと特殊素材系のラケットとしては飛びすぎずに使い易い組合せとなってますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはあまり好みな打球感や弾き方ではないですが、強いボールを受けた際にアウター系ではボールが出すぎてしまう場面でもしっかりと収まる様になっているので、特殊素材系でこういったタイプのラバーを使うなら「アリ」でしょうね アタックエイトEX-X PZC-SPは変化系表ソフトとしては回転量もあるので、トータルバランスが良くなります 打ち方が「押す」打ち方になるので、打ち方を変える必要がある点が悩み所ではありますね