ハードな打球感+直線的弾道が特徴
「GEWO FLEXXON」

日本市場へは「JUIC」社が代理店となり展開していたドイツメーカー「GEWO」ですが、現在は日本市場からは撤退しています この「FLEXXON」はGEWO社のトップ仕様のラバーとして登場し、ソフトタイプのラバーである「FLEXXON FX」「FLEXXON SOFT」等、シリーズ化もされているラバーです

  

パッケージは黒をベースにしたシンプルな物で、FLEXXONは青系のカラーリングで中央の波状のデザインが施されています FLEXXON SOFTは赤系 FLEXXON FXは緑系となってますね 特徴としてはかなり弾道が直線的で、スピードに特化したタイプというラバーです 打球感硬めで弾きの強さがあり、ハードヒッター向けな印象を受けますね

  

ロゴはシンプルな物となってます シートはツヤがあり、ドイツテンション系裏ソフトの特徴が出ていますね シート・スポンジ共に硬いです スポンジは気泡が大きなタイプでオレンジ系ですね プラスチックボールに変更される前に登場しているラバーですが、GEWO社のHPでは「2017年 7月」現在では現行品としてラインナップされています

スピード性能はJUIC社の表記では「18」 回転は「14」となってますが、GEWO社のスペック表記ではスピード性能は「117」 回転性能は「111」となってます GEWO社のスペック表記はバランスタイプに映りますが、スペック的にはJUIC社の方が「スピード寄り」のスペックとしているので、こちらの方が印象としては近いですね かなりスピード性能に偏っているラバーです スポンジの硬さはJUIC社では5段階評価で「4」 GEWO社の評価としては「medium+」となっています スポンジの厚さは「2.1」が特厚相当となります

プラスチックボールでは硬く、弾きの強さが更に出ている為、回転をかける前にボールが飛び出す印象ですね 「掴み」というのは皆無です また、シートに引っ掛かりがあるタイプではなく、引っ掛けて回転をかけるラバーでは無いので、この硬さで食い込ませる という事がラバーの難度を上げてしまっています 更に直線的でスピードに特化しているスペックがコントロールし辛いラバーとなってしまっています スピードに特化しているラバーなので、スピード性能に関しては優秀ですが回転性能は厳しく、かなり直線よりの弾道から、弧線を作ることが難しいラバーです その為打点を落としてドライブを打つ際にネットに当ててしまう という事が良く見られましたね

直線的な弾道と飛距離 スピード性能がこのラバーの個性ですが、回転性能はプラスチックボールでは厳しいですね スマッシュやスピード重視のドライブが活きるラバーです 安定性を犠牲にして弾道やスピードを追求しています かなりスペックが偏っているので、好みが大きく分かれるラバーですね スピード性能は非常に優秀なラバーです シートでもう少し引っ掛けるタイプのラバーであれば、良かったのですが、この硬さと弾きの強さで食い込ませるタイプ というのは使い辛い印象でした とはいえ「スピード」という、特徴がスペック表にもはっきりと表してあるので、スペック通りではあるラバーでしたね