用具検証 「双 MF P」×「AIROC M」

特殊な反転式グリップ「マルチファンクショングリップ」を採用した単板ラケット「双」の角型バージョンである「双 MF Pとボールを捉えて回転をかける性能に優れる日本製テンションラバーのミディアムスポンジバージョン「AIROC M」(エアロックM)の組合せを検証・数値化

 

打球感 5.5

双の打球感がハード寄りで弾くため、バランスとしてはやや硬めの打球感となっています AIROC M自体は硬さ過ぎず、強いインパクト時には掴むラバーではあるので、その掴みが少しラケットの弾きによって薄くなっています その分前に飛ばしやすくなっており、トータルバランスとしては良い組み合わせとなってますね

弾性 5.5~6

単板の板厚としては薄めですが、弾性は良好なラケットなので、テンション系ラバーと合わせた際の弾性は良いですね 流石に9mm程の飛び方ではないですが、この板厚としてはかなり良い弾性を有しています 弾き出しの関係でやや直線気味になりますが、弧線が作り辛い程の弾きではないです ボールの威力面に関しては物足りない部分はあるものの、強いインパクトの際にはラバーがしっかりと掴んでくれるので、ラケットの弾きとラバーの掴みのバランスは良い印象です

球持ち 5~5.5

単板特有の「吸い付く様な打球感」というのは無く、「単板の硬さ」が出ているラケットですが、AIROC Mが極端に硬すぎず掴んでくれる為、球離れに関しては「少しだけ球離れが早いかな?」 といった印象ですね  AIROCは弧線の作りやすいラバーで上に飛ぶタイプのラバーですが、双がハード気味で弾くタイプのラケットなので、弾道のバランスが良くなっています 球離れは良くなっていますが、弾きすぎてかけ辛い というほどではないですね

総評 6

AIROC Mの特性としては掴みの良さと弧線の強い弾道が特徴ですが、双の弾きで弧線に関しては作り辛くはないものの、大きな弧線 という様な弾道は抑えられている印象です その分前に飛ばせる様になっているので、バランスとしては良くなっている印象ですね 球質に関しては安定性を重視しつつも飛ぶようにしているタイプなので、物足りない部分も出てきますが、ラケットでカバーは出来ています 単板としては少し硬さが印象的ではあるので、AIROCの「掴み」を重視する場合はこのラケットの弾きは好みの分かれる所ですが、AIROC ASTROの硬さと弾きの強さと比較をすると、AIROCの方が回転はかけやすいですね フィーリング重視に弾きがプラスされた組み合わせといった印象ですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

AIROC Mの掴みがやや抑えられた組合せではありましたが、前に飛ばしやすかったが良かったですね 意外と弾くのは驚きでした 弾性は良好で前陣での打球ではオーバーする事もあったので、やや下がった位置からでもしっかりとドライブの飛距離は出ていますね 総合的には使い易い組合せで双の特徴が少し強めに出ている印象です AIROCは安定性は非常に良いラバーで回転もかけやすいので、ラケットとの弾きと上手くバランスは取れていますね ラバー・ラケット双方のコストパフォーマンスは非常に良いので、組合せを試しやすいのもグッドですね