用具検証
「福原愛PRO・ZLF」×「563-1 鬼釜」 厚

前陣速攻スタイル向けのZLF搭載ラケット「福原愛PRO・ZLF」と中国メーカー「フレンドシップ」からラインナップされている変化系表ソフト「563」の流れを汲む「563-1」日本仕様バージョンである「563-1鬼釜」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4.5~5

コクタクから登場しているバージョンの「563-1鬼釜」はフレンドシップ版の様に硬度を複数選べるタイプではないですが、それ程硬さはなく、フレンドシップ系のラバーの特徴である「使い易さ」はコクタクバージョンでも共通している特徴です(あくまで ’変化系表としては’ ですが) やや独特な打球感をしているものの、止めやすく弾きやすい組み合わせといった印象です 一般的な表ソフトの様なシャープで直線的な球質や球離れではないですが、クセ球と均一な飛び方が特徴ですね 福原愛PRO・ZLFとの組合せとしてはボールを持つ傾向が強いですね

弾性 4~4.5

スピードで押すタイプのラバーでは無い上に厚さを抑えているので、これは弾性としては意外な点はない印象 ただ弾き辛さがあり、ここが好みが分かれる所です スピードを出して飛ばすには強く当てて弾き飛ばす必要がある為、コンパクトなスイングで打つとボールが飛ばせず、ネットにかけてしまう という事が多かったですね ラバーのブロック性能が高く、インナー系で掴むタイプのラケットである福原愛PRO・ZLFとの相性はブロックに関しては非常に優秀な組み合わせですね 攻撃的なプレーをする際にはしっかりと振る必要がある組み合わせです

球持ち 4.5

ラバー自体の球離れが早くない事やラケットの掴みが影響しており、表ソフトらしい球離れの早さ というのは無いですね 弾き辛さはあるものの、ラバーの特性である「変化」が更に活きるブロック性能とそれをコントロールできる使い易さが特徴の組み合わせとなってます

総評 7.5

変化系表+特殊素材系ラケットの組合せとしてはバランスが良く、変化性能を活かしやすい組合せとなっています 一般的な特殊素材系ラケットであれば、球離れが早すぎる・打球感が硬すぎる等があります 更に中国系の表ソフトですから特に打球感に関してはバランスがとりづらくなる傾向にある組み合わせですが、563-1鬼釜とのバランスは非常に良い印象でした ネックとなるのは攻撃的な球質が出しづらい事ですね ボールがブレながら飛んで行くのでかなり変化性能は高いですが、このブレ球にスピードを乗せるにはスピードを出すためにしっかりと強く弾く必要があります が、弾いた後の飛び出しがかなり抑え目で飛び出してこない為、もう少し球離れが欲しい所ですね 変化系表ソフトの良さを引き出している組合せですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には弾くのに少しストレスの溜まる球離れでしたが、変化性能とブロック力 これは非常に魅力です ボールを飛ばすにはしっかりとタメを作って強く弾く事でスピードを出す事は可能です が、これが難しい 弾く力加減で悩まされましたね あまり強く弾きすぎるとボールを掴みすぎてしまいますし、弱いとラバーの弾性が足らず、ネットを越えない かなり微妙な修正が要求されますね とはいえ特殊素材系と変化系という、あまり一般的ではない組み合わせとしては使いやすい組合せではありましたね