用具検証
「clipper wood WRB」×「キョウヒョウⅡ(グレースポンジ)」

スウェーデン製7枚合板を代表するラケット「clipper wood」の空洞グリップバージョン「clipper wood WRB」と紅双喜を代表する粘着ラバー「キョウヒョウ」の回転重視タイプである「Ⅱ」のシートにややソフトなグレーカラーのスポンジを採用した「キョウヒョウⅡ」の組合せを検証・数値化

 

打球感 5.5~6

非テンションのキョウヒョウ系は硬度によっては非常にハードですが、今回採用されているスポンジに関してはそこまでの硬さは無い印象ですね 加えてソフトなフィーリングを有する、clipper wood WRBですから、やや硬め程度で打球時に軽くボールを持つ、粘着ラバーと合わせている組み合わせとしては意外なフィーリングを持つ組合せとなってますね

弾性 4~4.5

一般的なオレンジ系のスポンジと比較すると圧倒的にこのグレースポンジタイプの方が弾性は優れている印象 飛び出していく様な弾性ではないですが、NEOの様な已打底を採用したタイプでもない粘着ラバーとしては良好な弾性が確保できています 不規則な飛び方をしないのも良いですね ここにスウェーデン製7枚合板を代表する一本となる、clipper wood WRBと合わせている事で、回転のかけやすさと威力の両立は達成されています 流石に下がると厳しいですし、打ち抜けるようなスピードを出すには難しいですが、グレースポンジによってスピードアップは大幅に成功している印象です

球持ち 4~4.5

キョウヒョウ系に採用されているオレンジ系のスポンジは硬い上に低反発で飛ばす事が難しいです その為、打球後の「反発」というのはかなり控えめです 当てるだけで飛び出す様な球離れや掴んで飛ばす様な球持ちがあるスポンジではないですが、グレースポンジは少しですが食い込みのあるスポンジとなっている印象ですね この食い込みとラケットのフィーリングが球持ちを僅かに良くしている組み合わせです

総評 7

粘着ラバー+スウェーデン製ラケットという、失敗の少ない組み合わせですが、組合せとしては少しソフトな打球感・弾性アップに成功している組み合わせといった印象ですかね キョウヒョウ自体は弾性が厳しいラバーではありましたが、スポンジによって大きく弾性アップに成功しています clipper wood WRBのフィーリングと程よい弾性とのバランスは良いですね ただしラバー・ラケット共に主流である「特殊素材系ラケット×テンション系ラバー」と比較をすると、スピードや飛距離の面ではやはり厳しいのは否めないです 更に重量が大きく増加してしまう為、回転をかけて飛ばすにはパワーが必要となってきます 利点としてはグレースポンジが僅かですが軟らかい事や前述している通り、オレンジ系のスポンジを採用した一般的なキョウヒョウ系よりは弾性がある という所でしょうね メーカーを代表するラバーのシートを採用しているので、ラバーのスペックがスポンジによりどうなるか という点においては非常に良くなっている印象ですね 近年の粘着系ラバーは弾性が良い物も登場してきているので、しっかりと振って自力で飛ばすタイプの組み合わせですが、球威のあるボールが打てる組み合わせですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には「あのキョウヒョウがここまで飛ぶようになった」というのが率直な感想ですかね 少しだけ食い込みと弾性アップが出来ているのは非常に大きかったですね 重量があり振っていくにはパワー必要で扱いが難しいです clipper wood WRBとの相性は良かったですけどね 用具で飛ばす ということは出来ないので、常に振るのはなかなか大変でしたね 後は重量ですかね ラケット・ラバー共にかなり重量があった為、総重量はかなり上がってしまいましたね なのでこういったラバーを使う場合は軽量・講反発名ラケットの方がまだ良いでしょうね