用具検証 「TIMO BOLL ALC」×
「アタックエイトEX-X PZC-SP」厚

ティモボル選手はじめ多数のトップ選手の使用実績のある、アリレートカーボン搭載ラケット「ティモボルALC」とテンションシート「EX-X」タイプに超軟性スポンジである「PZC-SP」を合わせた変化系表ソフト「アタックエイトEX-X PZC-SP」の組み合わせを検証・数値化

 

打球感 4~4.5

PZC-SPが非常にソフトなスポンジで食い込みが強い為、ラケットによっては打球感が軟らかくなり過ぎてしまう点がネックでしたが、アウター系の特殊素材と組み合わせた事によりラケットで弾ける様になっている点が特徴です これにより少しだけ直線的で表ソフト的な球筋が出せる様になっています 守備的な技術を中心に用具を組み合わせている場合は飛び出しや飛距離が出る為「扱いづらい」という印象になりますが、攻撃的な技術面では得られるものが多い組み合わせですね

弾性 4.5~5

ラケットの弾きの強さが影響して、スピードアップ+直線的な弾道が出しやすくなっています この組合せではアタックエイトの「表ソフト」の部分が強く出せる印象ですね スポンジは相当軟らかいので、弾いた際の飛び出し方は一般的な表ソフトと比べると控えめではありますが、アタックエイトEX-X PZC-SPは総じてボールをかなり持つタイプの組合せとなる事が多いので、このラバーを使用して「弾ける」というのは非常に大きいですね

球持ち 4~4.5

アタックエイトEX-X PZC-SPの超軟性スポンジは食い込みが強すぎる影響で球離れは非常に抑えてあるラバーですから、アウター系の特殊素材ラケットと合わせる事で球離れの面ではかなり改善している印象ですね ただし食い込みが減退している分、ブロック等の技術に修正が必要となっています やはりラケットが弾くので、この辺りは攻撃的な部分が強化されている反面、細かな部分での「弾き」が出てきますね これは仕方が無い部分ですね

総評 7

非常にソフトなスポンジを採用しているラバーにアウター系の特殊素材ラケットを組み合わせた結果としては大幅に攻撃的なボールが出せる組合せとなっています アタックエイトEX-X PZC-SPはラージボールと「兼用」という特殊なラバーで硬式では変化系表ソフト+粒高の様な性質を有するラバーな為、スピードのあるシャープなボールを出す というよりはクセ球と軟らかいスポンジを活かしたブロック性能が特徴でしたが、ティモボルALCと組合によって、弾道が直線的になり、スピードアップできている組み合わせですね 変化やブロック性能を中心に組み合わせている場合は「飛びすぎる」となりますが、アタックエイトEX-X PZC-SPで「軟らかすぎる・飛ばしたい」等、攻撃的な部分を多く求める場合には非常に良い組合せとなっていますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはこれでも物足りないですが、変化系表ソフトの攻守や変化のバランスを考慮すると、操作性と「弾き」これがかなり良くなっています ここはティモボルALCが非常に良い影響を与えている印象でしたね アタックエイトEX-X PZC-SP は弾くタイプのラバーでは無いですが、この組合せでは押す様な打ち方をした際にラケットで弾いてくれる為、直線的な弾道が出せるようになっています ラージボール兼用ラバーなのでかなりソフトな打球感と球持ちをしていますが、ラケットによって攻撃力をアップさせていますね