用具検証 「TIMO BOLL ALC」 × 「ロゼナ」

ティモボル選手はじめ多数のトップ選手の使用実績のある、アリレートカーボン搭載ラケット「ティモボルALC」とテナジーに採用されている事で知られる「スプリングスポンジ」を採用しながらもコストパフォーマンスに優れるテンションラバー「ロゼナ」の組合せを検証・数値化

 

打球感 5~5.5

ロゼナの食い込みの良さとラケットの弾きのバランスはラケットの影響が強めで弾きの良さが目立つ組合せとなってます これによって前に飛ばす事が容易になっていますが、ロゼナがソフトでボールを食い込ませやすいので、アウター特殊素材系らしい硬質な打球感を備えつつも回転のかけやすい組合せとなっています アウター系の特殊素材と合わせている割には響きは抑えられている印象ですね

弾性 6~6.5

ティモボルALCの弾性とロゼナの弾性 双方の弾性が非常に良好ですが、インナータイプと比較すると弾道が直線気味になってきます また後述しますが、球持ちに関しては特に影響のある組合せとなっていますね この組合せではロゼナの持つ回転性能・回転のかけ易さを維持しつつもスピードアップに成功している組み合わせという印象ですね ハードヒット時にラバーが掴みすぎてしまう傾向ではありますが、ラケットが弾きだしてくれるので、ドライブ・ハードヒットのバランスが良い組合せとなってます

球持ち 5

硬過ぎるほどではないですがアウター特殊素材系らしい硬質な打球感から来る関係でソフトなラバーである、ロゼナの「掴み」はややラケットによって抑えられている組み合わせです とはいえガチガチなカーボンラケットと合わせたような極端な球離れではなく、ラバーの食い込みとしてはラケットが弾く為に本来のスペックよりもやや抑えられている印象ですかね ロゼナ自体はソフトなラバーなので、ここはティモボルALCが大きく影響していますね

総評 8

ティモボルALCの弾きとロゼナの軟らかさのバランスはややラケットの影響が濃く出るものの、回転のかけやすさは損ねておらず、バランスの取れた組み合わせという印象でした FX系では打球感が軟らかくなりすぎてしまう為、テナジーよりも僅かにソフトなロゼナの方が打球感のバランスとしては非常に良く取れている組み合わせです 回転のかけやすさとスピードのバランスは良好で、スペック的には「ここがネック」というのは少ない印象ですね コスト面がネックではありますが、安定性を落とさずにスピードアップを図るには非常に良い組み合わせでした

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはフォアではやや物足りなかったですが、クセが少なく使いやすいのでバックでならアリですね ティモボルALCの影響で軟らかめのラバーとしては弾きやすくなっているのは大きいです テナジーFX系では明らかに打球感が軟らかくなりすぎてしまい「弾く」という事が難しくなってしまいますが、ロゼナであれば叩きつける程のハードヒットでなければ、問題は無い印象ですね ハーフボレーやブロック等は非常にやりやすい組み合わせです 残念ながらティモボルALCに中国式は日本市場ではラインナップされていないので、ここが残念なところですね