用具検証
「福原愛PRO・ZLF」×「ロジン ラージバージョン  PZC-SP」厚(硬式)

前陣速攻スタイル向けのZLF搭載ラケット「福原愛PRO・ZLF」と粘着を帯びたシートが特徴である表ソフトである「ロジン」に超軟性スポンジである「PZC-SP」を採用したラージボール用ラバー「ロジン ラージバージョン PZC-SP」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4.5

PZC-SPのスポンジ硬度はは「25°」とラージボール用ラバーでは平均的な硬度となっています アタックエイトEX-X PZC-SPはPZC-SPを採用している表ソフトとしては唯一「ラージ・硬式兼用」が謳われていますが、ロジン ラージバージョン PZC-SP等を初めとする同タイプのラバーはラージ用としてラインナップされています アタックエイトEX-X PZC-SPと比較するとロジン ラージバージョン PZC-SPの方がシートの関係で僅かに球離れの良さや硬さのある印象です 福原愛PRO・ZLFとの組合せでは軟らかめではあるものの弾き辛さは無く、攻守のバランスが取れる組合せとなってますね

弾性 4.5

スポンジ自体はかなりソフトで食い込むタイプではありますが、ラケットの弾きが良い方に作用し、弾性はある程度確保できている組み合わせですね アタックエイトEX-X PZC-SPと比較をすると、ロジンラージバージョン PZC-SPは兼用ではなくラージ用として分類されていますが、飛ばしやすい印象です 変化系表としてはまずまずの弾性を備えています 厚さを考慮すると十分ですね 弾道は直線的な弾道ですね PZC-SPを採用している割には飛ばせる組合せとなってます

球持ち 4~4.5

アタックエイトEX-X PZC-SPと比較するとロジンラージバージョン PZC-SPの方がより表ソフトらしい球筋や球離れをする といった印象です とはいえ球離れはそれ程早いものではなく、早いピッチで連打する様なスタイル というよりは変化系の球質を活かすスタイル向けの組み合わせですね クセが強いタイプではないので、使い易い組合わせとなってます

総評 7

アタックエイトEX-X PZC-SPは打球感が非常にソフトで弾くよりは「押す」打ち方で対処する必要があり、これが一般的な表ソフトの打ち方とは大きく異なる為、好みが分かれる所です 更にZLFでは打球感の特性や「掴み」が影響してくる為、球持ちが長くなりすぎてしまう点がネックでした どちらかというと「粒高寄り」となってしまっていました 対して今回の組合せではロジンPZC-SPがスポンジは同じタイプではあるものの表ソフトの弾きは残されており、「ラージボール兼用」となっていたアタックエイトPZC-SPよりはラージボール用と明記されていながら「表ソフトらしさ」が残っている印象ですね こちらの方が弾きやすく、弾道も直線的です 変化幅は大幅な物ではないですが、攻守のバランスを優先すると良好なスペックといえます ネックとなる点はラバーがやや特殊なタイプなので入手し辛い点やラケットのコスト面ですかね とはいえ変化系表+特殊素材系ラケットとしては扱いやすく、攻守のバランスが取れている組合せでメリットは大きい組合せとなってますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

アタックエイトEX-Xよりは弾けるので、この組み合わせの方が良いですね 弾道とスピード性能はバランスを考えると非常に良いものでした、一応「ラージバージョン」という事でラージボール用扱いにはなっていますが、変化系表ソフトとして硬式での使用も良好なスペックですね