軽量・軟らかさが特徴 シリーズとしては異端
「JUIC 999エリートアルティマ」

JUICからラインナップされている粘着ラバー「999」は元中国代表でオリンピック金メダルを獲得した「孔令輝」氏が使用したことでも知られています 「999」自体は中国メーカー「GLOBE」のラバーで、強い粘着と硬いスポンジが特徴である「中国ラバーらしい中国ラバー」といったラバーでしたが、この999エリートアルティマはそういった特徴は無く「軽量・軟らかい」という点が最大の特徴となっています

  

 

国内でラインナップされている「999」はGLOBEからラインナップされている999とは異なり、明るいカラーリングのパッケージが多く採用されています ただ、999エリートアルティマはシートのロゴが大きく異なっています まず「GLOBE」のロゴが無いですし、更には「日本製」である という事が掲載されている点が特徴です プラスチックボール対応の「999エリートカリスマ」も似たタイプのロゴが採用されています「エリート」と冠されたタイプは「日本製」「シートの違い」で見分ける事ができます

このラバーのテーマである「より軽く、よりスピーディーに」という通り、粘着系としてはかなり軽量化されている点が特徴として挙げられます エリート「アルティマ」とある様に、このラバーには「アルティマスポンジ」が採用されていますね このアルティマスポンジの特徴としては「軟らかめ、弾性アップ」が図られているスポンジの様です 粘着系としては打球感が軟らかいので、かなり使い易いラバーという印象ですね

弾性は王道的な999と比較すると飛ばしやすくなっており、高弾性ラバー程度には向上している印象ですが、それ程弾性は強いものではないですね 軟らかめの高弾性ラバー程度です 打球時の食い込みが良いですが、その後の飛び出しは弱いですね しっかりと振って、飛ばす必要があるラバーです 回転性能に関しては「999」の名を冠していますが、強力な回転性能が特徴であった「中国製」の999とは異なり、回転性能は大きく減退している印象です また、シートがそれ程強い粘着ではないので、擦った際に回転を作り辛くなっていますね スポンジの軟らかさを活かして食い込ませて回転をかける方が適しています

非テンション系の中国ラバーと比較をすると弾性が向上している感じはありますが、回転性能が大きく性能を落としている為、バランスが良くない印象ですね 999最大の特徴である「回転性能」が失われてしまっています 利点としては「軽量・打球感」ですが、こういったラバーは既に多く登場してきているので、このラバーを「あえて」というのは難しいですね 中国ラバーらしさが無いのも・・・ 前述していますが「999」と名を関してはいますが、別物のラバーといってもいいですね