用具検証
「福原愛PRO・ZLF」 × 「999エリートアルティマ」

前陣速攻スタイル向けのZLF搭載ラケット「福原愛PRO・ZLF」と軽量・微粘着が特徴である「999エリートアルティマ」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4~4.5

福原愛PRO・ZLFの打球感がソフトである事や中国ラバーとしては数多くの実績を誇る「999」の名を冠するラバーとしてはかなりソフトなので、打球感は粘着系×特殊素材系としてはかなり軟らかい打球感となっています また、福原愛PRO・ZLFはインナー系でソフトな特殊素材を採用しているので「掴み」の良さが特徴です 打球時にボールを掴ませる事が容易なスポンジなので、回転のかけやすい組み合わせですね

弾性 4

999をベースにして弾性アップが図られている「アルティマスポンジ」は、打球感と弾性のアップには成功しています ただ、ベース999が非常に硬く低弾性であった為、激的に弾性がアップする訳ではなく、弾性に関してはかなり厳しい印象ですね 打球時にグイッと食い込みますが、その後に弾き出す感覚は皆無です 福原愛PRO・ZLF自体は弾性は良いですが、流石に999エリートアルティマの弾性を激的に向上させるというのは難しいですね 弾きが控えめなので、コントロール性能は優れています 前陣で連続でドライブを打つのであれば使いやすいですが・・・ それ以外では飛距離・スピード共に厳しいですね

球持ち 4

粘着系のラバーとしては食い込ませやすく軽量な点が利点ですが、999の特徴である「飛ばない代わりに回転がかかる」というのは無いです 福原愛PRO・ZLFとの組み合わせにより、更にボールの掴みが良くはなっており、食い込ませて回転をかける事が容易になっていますが、回転性能は厳しいものがありますね 弧線を作りやすい組み合わせですが、打ち抜くだけのスピード性能は難しいですね

総評 3

粘着系としては軟らかく回転がかけやすいラバーに特殊素材系としてはソフトなフィーリングと掴み易さが特徴のラケットとの組み合わせですが「掴み・回転のかけやすさ」という、用具の特徴は発揮されている印象です ですがラバーのベースがプラスチックボールでは少々厳しい印象ですね 999は所謂「カチカチのスポンジで低弾性 しかし回転とクセ球が出る」という、粘着ラバーらしいスペックを持つラバーですが、999エリートアルティマはそういった「粘着らしさ」が薄れており、若干の弾性アップと引き換えにした部分がかなり大きいですね 威力よりも使い易さとコントロール重視 といった組み合わせです 国内メーカーでラインナップされていたラバーとしてはかなり安価ではありましたが、福原愛PRO・ZLFの様なフィーリングと適度な弾性を有するラケットであれば、999シリーズとしては新しい「999エリートカリスマ」の方がプラスチックボールに適した組合せとなりますね 打球感は良いですが、それ以外は・・・といった組み合わせです

アリ? ナシ ? 実験者感想

「999」と名は付いていますが、打球感・回転共に999系統とは別物ですね 日本製の高弾性ラバーに微粘着のシートを合わせている様なラバーです これはこれで使いやすいんですが、飛ばしにくいですし、何より回転性能が厳しい これであれば多少使い辛くとも粘着の特性がはっきりしている、従来の999を使った方が良いですね ラケットがインナーZLF系で粘着系との相性も良いですし 軽量で粘着としては軟らかく使い易い点が999エリートアルティマの良さですね あえて使うならもう少し弾性のあるラケットでないと、飛ばしづらいですね