ナックルとコントロール性能の高さが特徴
「ヤサカ A-2」 小粒

ヤサカから登場している一枚ラバーには「A-1・2」と攻撃力を強化した「コバルト 同α」の2タイプがラインナップされています A-1・2の特徴としてはA-1がスピードとナックルのバランスに対し、このA-2はナックルとコントロール性能の高さが特徴となっています

  

パッケージは共通デザインなので同じですね コバルトシリーズ同様にロングセラーの一枚ラバーで、コバルト以上にコストパフォーマンスに優れているラバーです コバルトシリーズと比較していくと、A-1・2はコントロールを重視しているタイプのラバーとなってます

  

粒の配列はA-1同様、縦目です 粒の大きさがA-2は一回りは小さくなっており、間隔が少し開いている点が特徴ですね コバルト系は布目が無く、ラバーを貼りづらさがありますが、A-1・2では布目があるので貼り易いラバーとなってます 少し肉厚なのも良いですね

スペック面でA-1との比較では、メーカー表記ではスピード性能がA-1は「5+」に対し、A-2 「5」と僅かにA-2の方が控えめとなっています 打った印象としてはスピード性能は激的な違いは見分けにくいですが、「飛び方」や「飛距離」の面でA-1との違いが僅かでありますが出ています A-1と同じ様な打球をした際にA-1の方がオーバーしてしまうようなボールがA-2では収まる といったケースが見受けられましたね A-1の方がボールの伸び方と弾道がシャープです

対してA-2は打球した後の飛び出し方が僅かながらに緩やかでコントロールしやすい点が特徴です ナックルの出し易さが更に高まっており、よりナックルをコントロールしたい場合はA-2の方がナックルの調整がしやすい印象を受けます 軽く打った時点で「明らかに違う」というほどの違いではないですが、細かな部分では違いがしっかりと出ていますね 共通しているのは滑りが少なく均一な飛び方をするラバーなので、クセが少なく打ちやすい点ですね

A-1が他社でも出ている様なベーシックな一枚ラバーという印象で、A-2は若干変化系寄りの一枚ラバー という印象ですね ただ滑りが皆無なので、かなり使いやすい一枚ラバーです 変化性能に優れた、クセの強い本格的な一枚ラバーの前に使ってみるには丁度良いラバーですかね 一枚ラバーの中でも圧倒的なコストパフォーマンスですから、試しやすいのもグッドです A-1の方が打った際に飛距離が出る分、飛ばしやすいですが、飛距離の面で違いが出てくるので、安定性を重視するか攻撃とのバランスを取るかといった所ですね より攻撃的な一枚であれば、コバルト系が更に飛ばしやすくスピードも出ます スペックが安定しているので、長く使用できる一枚ラバーですね