用具検証 「Rapid Carbon light」×「輝龍」

上板をアユース材に変更した軽量カーボンラケット「Rapid Carbon light」とブルースポンジとややソフトなスポンジが特徴である「輝龍」の組合せを検証・数値化

数値について

最高を「10」とし、「0.5」刻みの20段階で掲載(補助剤を塗布した場合は表記します)

例として「打球感」の場合は「10」が「硬い」 「1」が「軟らかい」となります

ラージボールの場合は「ラージボール換算」となります

ここで検証したのは基本となる「打球感」「弾性」「球離れ・球持ち」です

技術に関しては個人差が大きい為、参考にしやすい基本的なことのみ掲載しています

最後に「個人的な使用感」は掲載いたします

打球感 6

カーボンラケットながら軽量で比較的響きが抑えてある「Rapid Carbon light」ですが、カーボンラケット特有の性質は強いので、飛び方としては直線的で硬質な打球感となってます 粘着としては軟らかめではある「輝龍」と組み合わせていますが、ラケットの個性がかなり強く、輝龍の特徴である「食い込ませて飛ばす」打ち方が難しくなってしまう印象ですね 食い込ませようとすると掴む前にラケットが弾き飛ばしてしまうので、回転のかけ方の難度が上がる組み合わせです 打球感自体はやや硬めではありますが、一般的なカーボンラケットに粘着を合わせた様な極端な硬さまでは行かないですね 厚く当てて食い込ませるにはラケットの弾きが食い込みを阻害するので、力の加え方がシビアになる組合せです

弾性 6~6.5

カーボンラケットながら軽量で響きの少なさ・飛ばしやすさが特徴のRapid Carbon lightですが、輝龍と合わせた弾性はかなり良好と言えます 飛距離も十分ですが・・・ 輝龍は「粘着ラバー」で「回転」を活かすラバーなので回転にプラスαで弾性 というのが理想です 輝龍は粘着系ですがシートで薄くこするというよりは、グリップさせて回転量を上げるタイプのラバーなので、ラケットとの相性は良いとは「△」です もう少し強い粘着でより擦るタイプのラバーであれば、ラケットの弾みとラバーの弾性でスピード性能と直線的な弾道が特徴の組み合わせになりますね 残念ながら輝龍との組合せでは、直線的でスピードが出る組合せではありますが、回転性能が活かしきれていない組み合わせといった印象でした

球持ち 6.5

これは前述していますが、Rapid Carbon lightの特徴が強い為、弾きの強さが出てしまっていますね その為、輝龍の食い込ませて回転をかける という事が難しくなっています 回転のかけ辛さが激的にアップしてしまうので、輝龍と合わせるメリットが少ないですね 少し下がった位置でしっかりと「溜め」作ってから打つ必要があります 板厚が厚いですし、しならせるタイプのラケットではないので、食い込ませて回転をかけるには軟らかいタイプのラバーの方が無難ですね 粘着系では軟らかめであっても一般的なテンション系と比較すると硬いものが多いので、こういったラケットと合わせるにはかなりラバーの選択肢が限られますね

総評 3

食い込ませて回転をかけるタイプの粘着系との相性はラケットの個性が強すぎる為「良好」とは言い難いですね 輝龍の良さである「粘着としてはソフトで食い込ませやすい」という特徴を消してしまっており、回転のかけ辛さが目立つ印象の組合せとなってしまっています より粘着らしい、擦るタイプの方が相性としてはベターですね 食い込ませるタイプの粘着は合わせづらいラケットです スピードに関してはかなり優秀なんですけどね 粘着系を使用する最大のメリットである「回転」がこの組合せでは活かせないのが痛いですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

輝龍自体は粘着としては食い込ませやすいラバーなんですが、Rapid Carbon lightの弾きが食い込みを無視して飛ばすので、扱いが難しくなりますね 厚く当てすぎずにドライブが打つには慣れが必要です 少しでも厚く当るとラケットがカーンと弾き出してしまうので、かなり難しいですね カーボン×粘着としては響きが少ないので、打球感に関しては調整がしやすいんですが・・・ 食い込ませるタイプの粘着では合わせるのが難しいですね

 

その他の報告