用具検証 「アコースティックカーボン」
×「輝龍」

弦楽器製造シリーズとしては多数のトップ選手使用実績を誇る「アコースティック」に「FEカーボン」を外側に配したバージョン「アコースティックカーボン」とブルースポンジとややソフトなスポンジが特徴である「輝龍」の組合せを検証・数値化

 

打球感 6~6.5

輝龍は粘着系としてはソフトですが、あくまで「粘着系としては」という前提がつきますので、アウター系カーボンラケットである、アコースティックカーボンと合わせると硬めの打球間となっています ですが、一般的なアウター系のカーボンラケットと比較すると響きは抑えられているので、合わせられない組み合わせではない という印象です 使いやすい組合せではないですが、カーボン系+粘着系の組合せとしてはバランスが取れている打球感ですね やや飛び出しは早い印象ですが、粘着系の良さを損ねていない組み合わせになっています

弾性 6

ラケットの弾性が非常に優秀である事や輝龍の弾性も粘着系としては良好です 粘着系+カーボン系がネックとなる部分はお互いの用具の特性が影響してしまい、結果として「硬い・飛ばない・回転がかけにくい」となってしまう事が多いですが、輝龍の適度な食い込みやアコースティックカーボンの特性がガチガチ過ぎない点等が従来の物と比較して、合わせる事が可能になっている印象ですね 回転をかけるには粘着+カーボンなので、力を必要としますがスピードや飛距離はかなり良くなるので、少し下がった位置からドライブを打つ事が可能になっています

球持ち 5.5~6

粘着としては程よい食い込みを持つ、輝龍とアウターカーボン系としてはガチガチ過ぎずに響きが抑えられている、アコースティックカーボンとの組合せでは球離れは早めではあるものの、弾きが強すぎる程ではない印象です ですが、前述している通り「粘着+カーボンとしては」という前提がつきますので、回転をしっかりとかけるには力を必要とする組み合わせではありますね この組合せとしては弾道も直線的過ぎずに弧線が作れるので、ラバーの特性を損ねていない印象ですね

総評 6.5

アウター系カーボン+粘着テンション系としては打球感がガチガチになり過ぎない事が一般的なアウター系カーボン+粘着テンション系と比較して大きく異なる点ですね 打球感は硬く、回転をかける事が容易になる組合せではないですが、ハードヒット時にラバーが食い込んでくれるので、ややソフトな輝龍の利点とカーボン系としてはガチガチに過ぎずに響きの少ない、アコースティックカーボンの特性が上手く合わさっているな という印象です ソフトとはいえ粘着系で更にカーボン系と合わせているので、回転をかけるには力が必要になってきます 更にバランスを求める場合はインナータイプである「アコースティックカーボンインナー」の方が良いでしょうね アコースティックカーボンインナーであれば、中国メーカーの粘着系も選択肢に入ってきます 輝龍の利点としては打球感や粘着としては若干軽量に仕上がっているので、総重量を抑えられる というのも大きいです 少し下がった位置からでもスピード・飛距離共に良好なので、パワーヒッターであれば問題の無い硬さですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

「粘着系をカーボンで使う」というのは個人的には避ける組合せではありますが、この組み合わせに関しては扱いは容易ではないものの「硬すぎて飛ばない 回転がかけづらい」というのはそこまで感じなかったですね 打球感が硬めなので食い込ませて回転をかけるにはしっかりと振る必要はありますが、特殊素材系+粘着系としてはまずまずバランスが取れている組合せでしたね 少し下がっても十分なスピードや飛距離が確保できるので、これは大きかったですね