用具検証 「スワットスピード」 × 「EVOLUTION MX-S」

ハイコストパフォーマンスを誇る7枚合板「スワット」シリーズのスピードアップ版「スワットスピード」とトップ仕様の「エボリューション」シリーズから回転性能を最重視した微粘着タイプのテンションラバー「EVOLUTION MX-S」の組み合わせを検証・数値化

数値について

最高を「10」とし、「0.5」刻みの20段階で掲載

例として「打球感」の場合は「10」が「硬い」 「1」が「軟らかい」となります

ラージボールの場合は「ラージボール換算」となります

ここで検証したのは基本となる「打球感」「弾性」「球離れ・球持ち」です

技術に関しては個人差が大きい為、参考にしやすい基本的なことのみ掲載しています

最後に「個人的な使用感」は掲載いたします

打球感 5.5

7枚合板でありながら、軟らかめの打球感と使いやすさが特徴のスワットをベースにしているので、スワットスピード自体の打球感もそれ程硬くは無いです その為、ハードな打球感である、EVOLUTION MX-Sとのバランスが取れた打球感となっています ラバーによる硬さはあるものの、回転がかけやすくなっていますね ラケットの弾きはそれ程強くなく、強い打球時にしっかりとボールを掴ませる事が可能になっています

弾性 5~5.5

「シリーズ最速」としているスワットスピードですが、7枚合板としてみるとずば抜けた反発性能 というよりは、ベースのスワットの特徴を残したまま反発性能をアップさせているラケットなので、硬質な7枚合板とは異なり、弾性は確保しながらも使い易さが目立つ印象ですね 打球時に飛び出していく様なタイプではないです EVOLUTION MX-Sが硬く、回転をかけるには力を必要とするラバーですが、スワットスピードの軟らかさと適度な反発力が飛びすぎずに回転のかけやすさとのバランスが取れている印象です ラバーの硬さを抑え込みながらも弾性を確保している組み合わせですね 「もう少し弾みが欲しい」が達成できる組み合わせです

球持ち 5

EVOLUTION MX-Sの硬さを抑えられているのは大きいですね 打球時に回転をかける前に弾き出す様な硬さや球離れはスワットスピードが軟らかめの打球感で球離れが早いタイプのラケットではないので、ラバーの硬さはありますが、ラケットが弾き出さずにしっかりとラバーにグリップさせる事ができるバランスの良さが特徴ですね

総評 6

EVOLUTION MX-Sが硬い打球感で回転をかけるには力を必要とするタイプのラバーなので、硬すぎないスワットスピードとのバランスは良好です 一般的な7枚合板と比較すると硬すぎず掴ませやすい印象ですね 響きが少なく、一般的な7枚合板と比較すると非常に使い易さが特徴です 5枚合板よりも弾性アップしたい場合や7枚合板では硬い・重い等といった場合には軽量であるスワットスピードは非常に魅力です 弾性を落とさずに総重量を抑える事が出来ます 使いやすいタイプのラバーでは無いですが、硬いラバーを使いやすく出来る点がこの組合せでは非常にグッドでしたね ただラバーの難易度が下がるわけではないので、万人受けではないですね パワーヒッター向けである事に変わりは無いです

アリ? ナシ ? 実験者感想

EVOLUTION MX-Sは使いこなすには大変ですが、スワットスピードに合わせた感想は「かなり使いやすくなった」かなあ 一般的な7枚合板の打球感ではないので「もう少し飛ばしたいが、打球感は変えたくない」という場合にはスワットスピードの様なラケットは良いですね ラケットが弾いてしまい、回転をかける前に飛んでいってしまう という事が無いので、硬いですが振った際の安心感がある組み合わせでした

その他の報告