粒が硬めで弾きやすい
「DINGO+SWISS Zik Zak」 1.0

DING YI氏の名を冠するラバーをラインナップした事が大きな注目となったスイスの卓球メーカー「DINGO+SWISS」から、硬めの粒で打ちやすさが特徴となっている「Zik Zak」です 厚めのスポンジはないですが、薄めのスポンジとしては弾性と弾きの良さが特徴となっています

 

今回も

「卓球中国ラバー専門店MASAKI」

様よりご提供いただきました いつもありがとうございます~~~~ ヽ( ´¬`)ノ

  

2017年3月現在の状態ではこのラバーと表ソフトである「DING YI」の二枚のみです 厚さはパッケージ背面に掲載されていますが、最も厚い物で「1.0mm」とゴクウス相当の厚さとなっています この厚さにもかかわらず、良好な弾性が特徴的なラバーです

  

粒はきわめて細いタイプではないですがやや細めで間隔の広いタイプです 形状は円柱ですね 配列は横目です 粒は硬めで倒すタイプですね 当てるだけでは倒れずに弾くので、表ソフト的な使い方が可能です 硬すぎて倒し辛い程の硬さではないので、硬めですが粒高としての性能も損ねていない印象です

スペックとしては前述していますが、ゴクウス相当の厚さとしては弾性が良く、球離れが早めですね その為弾道が直線的でスーッと延びていきます 一般的なゴクウス相当の厚さの飛び方と比較をすると、飛距離に差が出る印象です その為、ブロック等でコントロールが更にシビアになってきます 守備的なプレースタイルでコントロールを重視する際には注意が必要です どちらかというと、打っていくスタイル向けの粒高といえます

変化性能はまずまずの変化ですが、当てるだけで容易に倒れるタイプの粒高ではないので、変化を出す為に粒を倒していくタイプのラバーです 硬めなので、強く打っていく場合には倒れてしまい飛ばしにくい というのは無いですね 球速があるので、速い展開のラリー中に手元でボールが動くのはやり辛い球質です

カットでの使用はキレが特徴的な印象 やはり飛び出しが早いです キレに関しては非常に良い粒高ですね 弾道もシャープで速いボールが入ってくるので、一般的なゴクウス相当の粒高と比較をすると、速く・深くボールが入ってきます コントロールに気を使いますが、キレの良さが特徴ですね

少し硬い粒なので、粒高で攻撃と変化を自らつけていくタイプのラバーといった印象ですね 当てるだけで容易に変化する様なタイプのラバーではなく、攻撃時にはしっかりと打て、変化は粒を倒して調整する事でコントロールをしていくタイプのラバーです 滑りも少なく打ちやすいラバーですが、変化を出す為にはしっかりと粒を倒せるかどうか ですね 当てるだけだと、綺麗なナックルが出る 程度なので「粒高らしさ」が出てこないです 球離れが早く飛距離が出る為、細かな修正が要求されるラバーですが、スピードのあるクセ球が特徴となっています

その他の報告