用具検証「EVOLUTION MX-S」×「アコースティックカーボン」

トップ仕様の「エボリューション」シリーズから回転性能を最重視した微粘着タイプのテンションラバー「EVOLUTION MX-S」と弦楽器製造シリーズとしては多数のトップ選手使用実績を誇る「アコースティック」に「FEカーボン」を外側に配したバージョン「アコースティックカーボン」の組み合わせを検証・数値化

 

打球感 6.5

アコースティックカーボン自体はカーボンラケットながら、カーボン特有のガチガチさの無いラケットですが、EVOLUTION MX-Sがかなりハードなラバーの為、組み合わせるとハードな打球感となってます ただ、響きがあまり無い点が良いですね とはいえ回転をかけるにはパワーを必要とします 硬さがあるので回転をかける前に弾き飛ばしてしまうので、ラバーの特徴である「回転量」を最大限に発揮させるには容易ではない組み合わせですね ラバーとしては「前陣向け」という文言がありますが、アウター系の特殊素材と合わせるには難しさが目立つ組み合わせですね

弾性 6

組み合わせによる弾性はスピード・回転のバランスタイプと比較すると際立って飛ぶラバー という印象ではないです その為、アコースティックカーボンと合わせた際にもアウター系の特殊素材と合わせている割には飛びすぎてコントロールしづらい というのはそこまで強くないですね また、シートにしっかりと擦る事ができれば弧線が作りやすいのも特徴です かなり硬さのあるシート・スポンジのラバーにアウター系の特殊素材の組み合わせとしてはかなり珍しい弾道ですね 一般的な印象としては棒球になりすぎてしまい、回転をかける前に直線的なボールとなって飛んでいってしまう組み合わせですが、この組み合わせに関しては例外です とはいえ前陣でドライブを連打するにはかなりの力を必要とする為、前陣向けの組み合わせ というのは難しいですね

球持ち 6~6.5

ラバーに掴ませる事が難しいですが、硬すぎてシートで擦る・引っ掛ける前にボールを弾き飛ばしてしまう というのはやや少ないかな という印象です(それでも早い方ですが) 早い打点で打つには難しいですが、少し下がった位置でラリーを中心に組み立てるのであれば、ラケットが飛距離を稼いでくれる事もあり、回転量のあるドライブが打てる組み合わせです 幸いなのはラケットがカーボンラケットでありながら、ガチガチではない事でしたね

総評 4

ラバー・ラケット共にハイスペックな用具ではあるんですが、組合せとしてはラバーの硬さとラケットの弾きが前陣で使うには難しい組み合わせといった印象です 軽・中打時、特に回転をかける前に弾いてしまうので、ここが難しいところでしたね 一般的なシート・スポンジ共にハードなラバーの中では比較的使いやすいタイプといえる、EVOLUTION MX-Sですが、硬すぎないとはいえ、カーボン系のアコースティックカーボンには少々打球感や球離れの面で回転がかけづらい印象でしたね ただ、一般的なカーボン系のラケットとは一線を画す打球感をしているので、ラバーは選びますが硬めのラバーを使用できる強みはありますね EVOLUTION MX-Sに関しては木材合板のアコースティックやインナー系のアコースティックカーボンの方が打球感や回転のかけやすさでバランスがとりやすくなります アウター系のアコースティックカーボンに合わせた場合、回転をかけきるにはかなりのパワーが必要です 威力に関しては申し分ないので、前陣よりは少し下がった位置でラリーを中心にしたプレースタイルの方が良いかなあ という組み合わせですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

ハード×ハードな用具の組合せとしては弧線が作りやすく、面白い組み合わせでした ですが回転をかけるのに力が要るので、大変ですね 個人的にはラケットは木材の方が良かったです 前陣で使う分には難しいですが、少し下がった位置からのドライブは回転量が多く、威力のあるボールが打てるので、力で押していく様なスタイルには向いていますね スピードボールというよりは回転量ですね