用具検証 「リベルタウィロー」
×「アタックエイトEX-X PZC-SP」特厚(硬式)

高強力ポリエチレンである「イザナス」を内側に配した特殊素材カット用ラケット「リベルタウィロー」とテンションシート「EX-X」タイプに超軟性スポンジである「PZC-SP」を合わせた変化系表ソフト「アタックエイトEX-X PZC-SP」の組み合わせを検証・数値化

 

打球感 3.5

リベルタウィローに搭載されている特殊素材は攻撃用である「リベルタシナジー」とは異なり「イザナスカーボン」では無い為、ハードヒットした際にそれ程の硬さは無く、フィーリング+弾性アップ と言った印象を受けます 打球感自体は攻撃用のリベルタシナジーでもソフトですが、リベルタウィローに関しては更にボールの掴みが強くなっています ここに軟性スポンジである「PZC-SP」を搭載したバージョンのアタックエイトを合わせると、非常にソフトで掴みの強い打球感となりますね 軽めの打球で食い込み、ボールを持つ為、表ソフトで打球しているという感覚は薄いです 弾く打ち方よりは押す打ち方に適しています 食い込みがかなり強く飛び出しも強くないので、使いやすい組合せとなっています

弾性 4

カット用ラケットとしてみると弾性は良く、攻撃的なカットスタイルに向いているラケットです その為、特厚に相当する厚さの表ソフトを使用していると、カット時にボールを抑える事が難しい様です ですがスポンジが非常に軟らかく、ボールの威力を抑えやすい為、ラバーの厚さ調整でカットでの使用は可能ですね ラケット自体は弾みますがボールの掴みが良いので、極端にラバーの弾みを落としてバランスを取る必要は無いですね 攻撃用として見てもスペックは良好です 弾くプレーの際にボールを掴み過ぎてしまう事はありますが、ラバーにしっかりと食い込ませてプッシュの様な形でスピードを出す事は可能です 弾き飛ばす事が少し難しくなっていますが、粒高では物足りない、表ソフトではスピードは出るが扱いづらい といった場合にこういった組み合わせが威力を発揮しますね

球持ち 3~3.5

これはかなり球持ちが長いので、表ソフトに求める球離れや飛び方とは真逆ですね グニャッと食い込み、飛び出して行きます ラケットも同様に弾くタイプではないので、強い打球程、つかみを体感しやすい組み合わせですね とはいえラケット・ラバーの反発が弱いわけではなく、かなり長くボールを持った後にボールが飛んでいく という組合せとなっています この球持ちの影響でカットの安定性はかなり向上しますね ラバーの回転性能を活かせる組合せとなってます

総評 8.5

カット用としての印象は「軟らかいながらもしっかりとした弾み」これに尽きますね とはいえ、同じくカット用ラケットである「7P-2A.DF 」の様に攻撃用と間違う程の弾性はないので「カット用としては弾む」という範疇に収まっています 打球感が軟らかく、掴みが強いですが、軟性スポンジとの相性は非常に良く、ボールコントロールがしやすく安定させやすい組合せと言えます 今回は特厚の為、ややオーバーが多かったですが、軟性スポンジとラケットの掴みの影響は大きく、ボールの威力は抑えやすい組み合わせです 攻守のバランスが取れている組み合わせですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

程よい弾みと掴みの良さ、特殊素材としては響きは皆無です 個人的には中国式があれば欲しい所ですね スプライン系で弾性面に物足りない部分はカバーでいてきますし、何より柳材特有の打球感が抑えられている為、これがかなり飛ばしやすさに繋がっています 非常に軟らかい打球感となっているので、表ソフトらしさはないですが、カット時の安定性が非常に良くなる組み合わせでしたね