用具検証 「ROSE WOOD NCT V」
×「アタックエイトEX-X PZC-SP」(ラージボール)

ハードウッドシリーズとして知られる「紫檀」を上板に使用した5枚合板「ROSE WOOD NCT V」とテンションシート「EX-X」タイプに超軟性スポンジである「PZC-SP」を合わせた変化系表ソフト「アタックエイトEX-X PZC-SP」の組み合わせをラージボール時の実験(硬式と兼用の為)検証・数値化

打球感 4~4.5 ※ラージボール換算

ラージボールにおける「アタックエイトEX-X PZC-SP」はややソフトな打球感で程よい食い込みなので、ラケットが若干硬さのある「ROSE WOOD NCT V」との相性は非常に良好な印象を受けます 軽く食い込んだ後にラケットの弾きで飛ばす事が出来るので、ドライブ・ハードヒットどちらもバランスの良い組合せとなってますね

弾性 5 ※ラージボール換算

ラージボール時の弾性は硬式時の様な変化系独特の球筋ではなく、控えめながらもしっかりとした弾性が確保できている印象です ラケットの弾きがラバーの食い込みを阻害せず、グッと掴んだ後にボールが飛び出して行きますが、直線的過ぎる弾道ではないですね その為、ドライブが打ちやすく、弾道も綺麗な弧線が作りやすい組合せとなってます ラケットが木材としては硬めで弾けるタイプなので、スピード性能は若干ながらアップできています ラージボールのみの使用で更なるスピードアップを追及するのであれば、より硬質で反発力のあるラケットに変更する方が良いですね 両面で使うにはかなりニッチな用具を選択するので可能性は低いですが 、硬式との兼用でバランスを取るのであれば、反対側に貼るラバーとのバランスを見ながら という事になります 非常に掴みとシートの摩擦力が高いので、ドライブが打ちやすくなっている点が特徴です スピード性能と回転性能は際立った物ではないですが、良好なスペックを有している印象ですね

球持ち 4 ※ラージボール換算

ラケットの弾きで飛ばせますが、ラバー自体は食い込みの良さがあるので、球持ちが良くなってます ラケットが弾いてくれる分、かなり飛ばしやすい印象ですね ラバー自体もまずまずの反発力を有しているので、食い込んだ後の飛び出しは程々にあります ラケットの相性が良いので、前述していますがドライブやハードヒット系、どちらもやりやすく、シリーズ共通の特徴でもある「ブロック性能」もしっかりと発揮しています

総評 8.5

ラージボールにおける印象としては「非常にバランスが良いラバー」ですかね トータルバランスが非常に優れている印象です ラバーが軟らかいので少し硬めのラケットを合わせていますが、木材ラケットの為、硬さはありながらもコントロールしやすい弾性となっています この軟らかさであれば特殊素材系でも問題ないですね 兼用となっていますが、兼用で使う場合はプレースタイル自体がニッチになるので、硬式・ラージで別々の用具は用意した方が無難です テンション系としては弾性が控えめなので、更なるスピードを求める場合はラケットの変更が必要となってきます とはいえラージボール時ではドライブ・ハードヒットどちらもやりやすく、ブロック性能は健在 更に回転性能が変化系としては良好とアタックエイトEX-X PZC-SPの持ち味を存分に発揮しています 変化幅はラージボールでは硬式時以上に控えめとなっていますが、攻撃力の大幅なアップしているので、変化幅以上に得られるメリットがラージボー時ではありますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはフォアで使う分にはラージボール用としては「アリ」ですが、硬式ではアタックエイト本来の特性を活かす使い方の方が適していますね 一本のラケットで硬式・ラージボールを兼用するのは難しいですが、片面ペンで硬質で高反発なラケットで使うなら何とか といった所ですか お勧めはし辛いですが アタックエイトシリーズとしては抜群の使い易さと汎用性の高さがありますが、ラージボール用としてはかなりトータルバランスの良いラバーですね