用具検証 「ROSE WOOD NCT V」
×「アタックエイトEX-X PZC-SP」(硬式)

ハードウッドシリーズとして知られる「紫檀」を上板に使用した5枚合板「ROSE WOOD NCT V」とテンションシート「EX-X」タイプに超軟性スポンジである「PZC-SP」を合わせた変化系表ソフト「アタックエイトEX-X PZC-SP」の組み合わせを検証・数値化

 

打球感 3.5~4

アタックエイトEX-X PZC-SPのスポンジ硬度が「25°」とラージボール用ラバーと同等のスポンジ硬度なので、軽い打球でボールが食い込み、飛んでいくタイプのラバーです ここにハードウッドである、ROSE WOOD NCT Vを合わせると、ラバーの軟らかさはかなりあるものの、ラケットの硬さで弾ける硬さ といった印象です ラバー自体はこれだけの軟らかさの割には反発してくれるので、飛ばしづらさは少ないですね 弾くよりは押し込む打ち方に適している組合せとなってます

弾性 4.5

アタックエイトシリーズの中では圧倒的に使いやすく飛ばせるタイプのアタックエイトで、ラケットによって更に弾性の獲得に成功している組み合わせです 前述していますがかなりソフトな打球感で、軽い打球でも容易に食い込ませて飛ばせる様になっています 食い込みが強すぎて飛ばし辛い という、軟らかいラバーにありがちな欠点は少ないですが、弾くよりは押す方がボールのクセやナックルを活かしやすい性質を持っています ハードヒットよりはコンパクトなスイングで瞬間的に弾く方が掴みが強すぎずに飛ばせる印象ですね 弾道は表ソフト特有の弾道ではなく、フワッとした粒高の様なボールが出る事があり、短くボールを止める事が可能です 硬い木材ラケットなので弾きがそれ程前面に出てこないので、ブロックの操作性は非常に良いですね

球持ち 3.5

ラージボール対応可能ラバーで、スポンジも非常にソフトなものなので、硬式での球持ちは際立って良いですね 表ソフトでここまで打球感のソフトなものは少ないです ラケットの弾きはあるものの、ラバーの軟らかさが特徴的でボールを持たせやすい印象です これによりコンパクトなスイングで弾く という打ち方には適さないですが、回転がかけやすくなっており、変化と回転を使ったプレーがアタックエイトシリーズ中では非常にやりやすくなっていますね

総評 8

ラバーがかなりソフトで食い込みが強いですが、ラケットの弾きで飛ばしやすくなっている組み合わせですね 当てるだけで飛んで行く様なボールにならないので、ラバーの特性を活かした、ブロック性能はこの組合せでも失われていません PZC-SP以外ではスポンジの関係上、打球感が硬くなるので、使い易さを優先するのであれば、このアタックエイトPZC-SPですね クセ球が犠牲になっていますが、変化系表ソフトとしては優秀な回転性能、滑りが皆無で弾き易い等、メリットの大きいラバーです 加えて、ROSE WOOD NCT Vの弾きがスピードアップにも一役買っています アタックエイトらしさを求める場合は選択が難しいですが、変化系表ソフトにトータルバランスを求めるなら、このラバーは試す価値がありますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはお勧めですが、フォア用としてはやはりソフト過ぎるので、バックでの使用がメインですね ラージボール用としては程よい打球感となるので、フォア用としても十分可能です アタックエイトシリーズの中ではずば抜けて使いやすいですね この軟らかさである程度弾けるのもグッドです ですが、押し気味に打球した方が、ラバーにボールを持たせられますし、食い込ませる事で驚異的なブロック性能を発揮させられますから、打ち方としては押す方が適しています そして回転のかけやすさ これは非常に驚きですね 変化系表ソフトとしては屈指の回転のかけやすさです これはアタックエイトシリーズとしては変化が多少犠牲になっていますが、代わりにこの性能を獲得しているので、使い易さと回転性能を優先するならこのラバーですかね ややコストパフォーマンスが悪いですが、替えの利かないラバーといえますね