用具検証 「リペール」 × 「スペクトルレッド」 厚

板厚が厚めで高圧加工を施した5枚合板「リペール」とスピード系表ソフトを代表する一枚である「スペクトル」にややソフトなスポンジを採用したソフトスポンジバージョンのスピード系テンション表として登場した「スペクトルレッド」の組合せを検証・数値化

 

打球感 6

リペールの打球感がややハードな打球感である事やスペクトル系としては比較的ソフトな方ではあるものの、ドイツ系テンション表等と比較するとハードな打球感をしている為、組み合わせた打球感もやはりハードな物となってます やや響きもあり、硬めの木材ラケットらしい打球感です 硬さがありハードヒットしやすい組み合わせですが食い込みが少なく、スペクトル系はナックルを活かすタイプの表ソフトでもあるので、回転の使い方が難しい組み合わせですね とはいえスペクトルレッドは従来型のスペクトルと比較すると僅かながらスポンジに食い込みがありシートも擦りやすくなっている等、回転がかけ易くはなっているので、同じラケットであればスペクトルレッドの方が回転は使いやすくなってますね

弾性 5

「厚」という厚さを考慮しても弾性は良好で、弾道もスペクトルの直線的な弾道を活かしている組合せとなってます スペクトルレッドのテンション効果は高いので、従来型のスペクトルで「特厚」では厚さの関係で重い 等の問題を解決するには、スペクトルレッドやブルー等のテンションバージョンで「厚」を選択するのもありですかね スペクトルレッドは僅かな食い込みがある分、強い打球・ブロック時等に安定させやすいラバーです リペールがやや硬めなので、ハードヒット時の食い込みは体感しづらいですが、硬すぎて食い込ませる事がしづらい というのはスペクトルブルー・スペクトルスピード等よりは使いやすくバランスが取れた組み合わせですね

球持ち 6

硬めで弾くタイプのラケットと「スピード系表ソフト」の代名詞でもある「スペクトル」の系列のラバーなので、やはり球離れは早めですね スペクトル21の様な強い食い込みは無いです また、スペクトルブルーやスペクトルスピード程の硬さもないですね ドイツ系テンション表ソフトと比較するとやや硬度の高い表ソフト+αの硬さですから、硬めのラケットと合わせると弾きが良く、表ソフトらしい直線的な弾道が出しやすい組合せとなってますね

総評 7

ハード×ハードな組み合わせですが、どちらも極端な硬さではない打球感となってます ドイツテンション系の食い込みが強く、遅れて飛び出してくる様な打球感に対して、スペクトルレッドの組合せでは食い込みは少ないののの、強い打球時に僅かに食い込んだ後に直線的なボールが飛び出していきます 「弾く」打ち方に適している組み合わせですね 反面、ドライブを活かすには軟らかさのあるドイツテンション系の方が適しています  厚さの割に弾性が良く、コントロールがしやすい組合せなので、ナックル+スピードという、スペクトルの特性を活かしやすい組み合わせですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には中国式があれば、使ってみたい組み合わせでした シェークは小ぶりなブレードなので、前陣での切り返しがしやすいラケットサイズですから、異質の速攻スタイルに向いている組み合わせですね ドライブを多用するスタイルではなく、表ソフトの直線的でシャープな球質と変化を中心に組み立てるスタイル向けの組み合わせです