用具検証
「ワラック」×「BOOST TX」

7枚合板でありながら「5.1mm」という、非常に薄い板厚が特徴の「ワラック」と軽量で程よい軟らかさが特徴の日本製テンション裏ソフトラバー「BOOST TX」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4.5

ワラックのスペックが板厚の割に少しだけ硬さのある打球感をしていますが、BOOST TXはそれ程硬さが無く使いやすいタイプのラバーなので、組み合わせたバランスとしてはややソフトな打球感 という印象ですね 少し力を加えると食い込んでくれるので、パワーヒッターでなくても食い込ませやすいラバーです ここにワラックの特性が加わるので、掴みすぎずに飛ばせる組合せとなってますね

弾性 5~5.5

後発のCALIBRAシリーズやAIROCシリーズと比較すると流石に物足りなさは否めませんが、実売価格が競合する事が多くなっている、日本製の高弾性ラバーと比較していくと、テンションラバーらしい弾性は備えているので、弾性の面では有利な部分は多いです もう少し飛距離があると良いですが、ワラック自体の弾性はメーカー表記で「ALL」とそれ程高いタイプではないので、BOOST TXの弾性がバランスを良くしている組み合わせですね

球持ち 4~4.5

ワラックは板厚の割に(5.1mm)硬さはあるものの「球離れが良い」タイプのラケットではないですし、BOOST TXもそれ程硬いスポンジではなく、少し力を加えると容易に食い込ませる事が可能なラバーなので、組み合わせた印象では球持ちは良いですね 球離れが抑え目で掴みが良く、非常にドライブの打ちやすいバランスといった印象です 直線的な球質になりづらい組合せなので、ドライブを連続して打球する、ラリーに強さを発揮する組み合わせですね

総評 6

既にラバーのスペックとしては回転・スピード共に全時代的な物になってしまっており、プラスチックボールの現代においては厳しいかなあ という印象になりましたが、高弾性と比較すると弾性は良好ですし、本格的なテンションへのステップアップ用としてはBOOST TXは良いラバーです ここに弾性が控えめなワラックなので、バランスとしては使いやすさを重視したタイプですね 飛距離が物足りないですが球持ちが良い為ドライブが打ちやすく、弧線の作りやすい組み合わせですね このラバーを経由して、CALIBRA系やAIROC系等のラバーへとシフトしていくと違和感が少なく、ステップアップできます 相性としては良い組み合わせではあるんですが・・・スペック的な部分で物足りなさも多い印象は否めませんでしたね 打球感や軽量化しやすい・弧線が作りやすい点が特徴の組み合わせです

アリ? ナシ ? 実験者感想

打球感だけならアリではあるんですが、個人的にはもう少し硬さと球離れがあっても良かったかな という印象でした  BOOST系はプラスチックボールでの印象は回転・スピード共に厳しくはなってますね なので、CALIBRA系やAIROC系を使った方がスペック的にはベターです が、BOOST系の利点としては高弾性とほぼ同程度のコストパフォーマンスで、軽量な日本製テンションが使用できる点は大きいです ワラックの弾性がそれ程高い物ではないので、弾性的には物足りなかったものの、もう少し弾むラケットであれば、スピード性能は妥協できるかも しれません