用具検証
「ワラック」×「VICTAS VO>102」

7枚合板でありながら「5.1mm」という、非常に薄い板厚が特徴の「ワラック」と回転・スピード・ナックルのバランスが非常に良く、高い性能を誇る表ソフトラバー「VO>102」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4

板厚が7枚合板としてはかなり薄いワラックですが、上板がウォールナッツという事で多少の硬さを残している点が、特徴的な印象です 独特のスペックを持つラケットに軟らかめのラバーである、vo>102をあわせた印象としてはソフトではあるものの、板厚の薄い、球持ちやしなりを重視したタイプのラケットとの相性はまずまず良い といった印象ですね 板厚が薄いタイプのラケットは回転のかけ易さを重視したタイプが多いので、強打主体のプレースタイルにはあまり適さない物が多いですが、ワラックに関しては僅かに弾きや硬さがある為、飛ばしやすさがある組合せとなってますね ラバーがソフトなこともあり、響きは皆無です

弾性 5.5~6

ラケット自体の弾性はメーカー表記では「ALL」なので、それ程強い弾性ではないです vo>102の弾性が際立っているので、それが弾性を押し上げている組み合わせですね グッと食い込んだ後に直線的な弾道でボールが飛び出して行きます ラケットの操作性が非常に高いので、飛び出しや弾性が良い割にはコントロールのしやすさが特徴ですね 全体のバランスとしては良好です ですが強い打球の際に掴みが強いので、飛び方には好みが分かれる印象ですね

球持ち 3.5~4

板厚の割には僅かな弾きがある点がワラックの特徴ですが、VO>102は表ソフトとしては食い込みが非常に良いので、軟らかめの打球感となってます 印象としては「掴む」というまではいかないですが、ボールの持ちは良い組み合わせですね これはワラックの特徴が良く出ている組み合わせです 表ソフトと合わせるにはもう少し硬さや球離れの欲しい所ではありますが、ボールを持ちすぎて打球しづらい という事は無いですね

総評 7

一般的な板厚が薄いタイプのラケットは非常に球持ちが良く、回転のかけ易さを重視したタイプのラケットが多いですが、ワラックのケースでは上板に硬質な板を採用している為、僅かに弾きや硬さがある点が、表ソフトの相性を良くしている印象でした VO>102 が非常にソフトで食い込みが良い為、コントロールと威力のバランスが取れた組み合わせとなってますね 球持ちが長めの為、好みの分かれる所ですが、表ソフトとの相性はこの手のラケットとしては驚くほど良好 といったバランスですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

ハードヒット時にボールを持ちますが、持ちすぎて打ちづらい というのはあまり無いですね 個人的には打球感が軟らかすぎるので、ワラックを使用するのであれば、もう少し硬い表ソフトを選択します とはいえ、VO>102が更に回転のかけ易さや台上・ブロック等の小技の操作性・安定性が抜群に向上するので、攻守のバランスを取るスタイルであれば、この組み合わせは大いにアリですね ここまで板厚が薄いラケットで弾きの良好のラケットは少ないので、非常に印象的でした VO>102の際立った弾性をコントロールしやすい組合せとなってますね