用具検証 「カルテットAFC」 × 「スペクトルレッド」 厚

アラミドカーボンとフリースカーボン 2種類特殊素材を使用したラケット「カルテットAFC」とスピード系表ソフトを代表する一枚である「スペクトル」にややソフトなスポンジを採用したソフトスポンジバージョンのスピード系テンション表として登場した「スペクトルレッド」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4

スペクトルレッド自体の硬さはテンション系のカテゴリーの中では程々にあるものの、カルテットAFCがソフトで掴みの良い打球感をしている為、バランス的にはソフトな打球感となってます スピード系のテンション表を合わせていながら、弾き出しは遅いです 飛び出しが強くないので、操作性は非常に高く、ブロックやドライブ、台上等での操作性を重視した組合せ といった印象ですね

弾性 4.5

ラバーが「厚」であるという事やラケットが際立った弾性を持つタイプではなく、ボールの掴みと弾みのバランスを取っているタイプのラケットなので、弾性はまずまず良好な組合せです 飛距離が出ないので下げられると厳しいですが、前陣でコントロールのしやすい弾性にまとまっていますね しっかりとボールを捉えてから飛ばすので、飛び方に「表らしさ」がないですね 確実性が増していますが、スペクトルの持つシャープな球質やスピード性能で物足りなさを感じてしまう組合せです

球持ち 4~4.5

スペクトル系のラバーと組み合わせている割にはかなりボールの持ちが良く、使いやすい組合せとなってます 特に台上でのレシーブは高い安定性が魅力となってますね 攻撃的なレシーブの安定性が大幅に増す印象です 表ソフト しかもスピード系のテンションを使っている様な球離れではないので、スピード系で安定性を重視し、ナックルなどの球質を活かしやすくなりますが、攻撃時のスピードや弾いた時のシャープな球質が活かしきれない部分がありますね 攻撃的な部分を抑えて、使い易さを取っている組合せとなってます

総評 6.5

スピード性能や弾き辛さがネックではあるものの、台上での細かな操作性、ブロックの安定感等が特徴の組合せですね 使いやすい組合せですが、攻撃性を重視すると物足りなさが出てきます 板厚が薄く、掴むタイプのラケットとスピード系テンション表ソフトの組合せですが、弾いた際に少しボールを持ちすぎる印象です なのでコンパクトなスイングで弾いた際に飛距離が出しづらいので、少し押す様な打ち方となります この打球感や球持ちが好みが大きく分かれますね スピード系テンションを組み合わせてここまで球持ちが良くなる というのも面白いですが、攻撃重視というよりは安定性重視です その中で非テンションでは物足りなかった部分が解消されている組合せですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には打球感はそれ程ではなかったんですが、弾いた際にボールを必要以上に掴む感覚が強かったのが苦手ですね 弾こうとするとグイッとボールを掴むので、やはり球離れが欲しかったです スピード系テンション表を組み合わせているにも関わらず、かなりコントロールしやすくなる点には驚きました 使用するなら特厚の方が弾性や飛距離の面ではもう少しベターな気がしますね 厚ではちょっと物足りなかったですね