抜群の弾性と弧線弾道が特徴
「JOOLA ARREGRO」

ヨーロッパメーカーとしては珍しく、積極的にラージボール用の用具を開発する「JOOLA」のラージボール用ラバー「ALLEGRO」です 同社のラージボール用ラバー「ADAGIO」をベースに更にスペックを引き上げたラバーとなっており、硬式からの以降をスムーズにしている、抜群の弾性とドライブの打ちやすさが最大の特徴となっています 全国大会優勝を始め、数々の実績のあるハイバランスタイプのラバーです

%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%b0%e3%83%ad-3  %e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%b0%e3%83%ad-2

パッケージは明るいカラーが特徴であった「ADAGIO」とはうってかわって、暗めのカラーリングとなってます ラバーの大きさがやや小ぶりなので、ブレードサイズには注意が必要です スポンジ硬度は「ADAGIO」同様、25°となってます ラバーは日本製です

%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%b0%e3%83%ad-4  %e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%b0%e3%83%ad-1

ベースのラバーと比較すると配列や形状が酷似していますね 小粒で間隔が広め 縦目等、「ADAGIO」と似ている部分は多いです 見た目上は同じ様に見えますが、弾性や回転性能が大幅に引き上げられており、「ADAGIO」以上に硬式ラバー感覚で打球する事が可能となってます

具体的な比較例としては大幅に飛ばしやすくなった事と、ドライブを打った際に粒の引っ掛かりが更に強くなった印象で、かなり上に上がる様になっています これにより弧線弾道が大きくなり、更に飛距離が出せる様になった事が「ADAGIO」から明らかにスペックアップしている印象ですかね 良く使われる「裏ソフト感覚で打てる」がぴったり当てはまるラバーです 打球感はソフトで球持ちが良いタイプですが、食い込んだ後にしっかりと飛ばせるラバーですね 粒の引っかかり方が強烈です 回転性能はラージボール用ラバーとしては非常に優秀で、スピード・回転共に高い位置でバランスが取られているラバーですね

硬式ラバーの感覚でそのまま移行できるラバーとしては違和感は極めて少ないです 駆るく打球した時に飛距離不足というのは無いですし、グッとボールが持ち上がるので、ドライブが抜群に打ちやすいラバーです やや下がった位置から飛ばせるだけの弾性やスピード性能 劣化スピードが緩やか等、高価格帯のラバーですが、価格に見合うスペックは有している印象ですね それ程球離れが早いたぷでは無いですが、強打・ドライブどちらもこなせます クセが少ないので使いやすく、加えてスペックが非常に高いラバーです

ベースの「ADAGIO」が優秀なバランスタイプのラバーでしたが「ALLEGRO」は大幅なスペックアップに成功しています 違和感の無さも素晴らしく、スムーズにラージボールへ移行できるラバーですね 長寿命なラバーなのもグッドです 高額ではありますが、価格も含めてトータルバランスが非常に良いラバーですね